JVCケンウッドグループの紛争鉱物対応方針環境活動

JVCケンウッドグループの紛争鉱物対応方針

人権の尊重、社会的弱者への配慮については、企業のみならずあらゆる組織にとって社会的責任を推進する上で最も重要な課題です。
アフリカのコンゴ民主共和国で、反政府勢力が残虐で非人道的な手段を使って採掘した鉱物の販売が彼らの活動の資金源になっている事実は国連が指摘しており、サプライチェーンにおける重大な社会問題となっています。
当社は、グローバルなサプライチェーンにおけるCSR調達を推進する立場から、国内のエレクトロニクス業界団体である一般財団法人 電子情報技術産業協会(JEITA)の「責任ある鉱物調達検討会」のメンバーとして、米国金融規制改革法に基づき、紛争鉱物と定義されるコンゴ民主共和国およびその周辺国で不当な方法で産出され精錬された錫、タンタル、タングステン、金の4鉱物を含む部材については採用しないという方針のもとに責任あるサプライチェーンの確立と責任ある鉱物調達を推進してまいります。

  • ホーム
  • 会社情報
  • 社会・環境活動(CSR)
  • 環境活動

ページトップへ戻るページトップへ戻る