再商品化等の実施状況報告「2014年度(平成26年度)」家電リサイクル

再商品化等の実施状況報告「2014年度(平成26年度)」

特定家庭用機器再商品化法に基づきJVCケンウッドが2014年(平成26年)4月1日~2015年(平成27年)3月31日までの1年間に再商品化を実施した合計です。

品目 ブラウン管式テレビジョン受信機

特定家庭用機器廃棄物の再商品化等の合計

指定引取場所での引取合計 86,590台
処理プラントへの運搬台数 87,160台
再商品化等処理台数 86,681台
再商品化等処理重量 2,423t
再商品化重量 1,808t
再商品化率 74%
  • ・再商品化等処理台数及び再商品化等処理重量は、2014年度(平成26年度)に再商品化等に必要な処理を実施した、特定家庭用機器廃棄物の台数及び重量の合計数値です。
  • ・値は小数点以下を切り捨てています。

施行規則第47条第1号に基づく再商品化等実績

製品の部品又は材料として利用するものに、有償又は無償で譲渡し得る状態にした場合の当該部品及び材料の総重量。

素材 重量
228t
79t
アルミニウム 2t
非鉄・鉄等混合物 31t
ブラウン管ガラス 958t
その他の有価物 507t
有価物総重量 1,808t
  • ・「その他の有価物」とはプリント基板、その他のプラスチックです。
  • ・値は小数点以下を切り捨てています。(小数点以下を切り捨てているため、合計計算値と総重量が合わない場合があります。)

再商品化素材の構成比(ブラウン管式テレビジョン受信機)

品目 液晶式及びプラズマ式テレビジョン受信機

特定家庭用機器廃棄物の再商品化等の合計

指定引取場所での引取合計 23,878台
処理プラントへの運搬台数 24,064台
再商品化等処理台数 23,592台
再商品化等処理重量 490t
再商品化重量 432t
再商品化率 88%
  • ・再商品化等処理台数及び再商品化等処理重量は、2014年度(平成26年度)に再商品化等に必要な処理を実施した、特定家庭用機器廃棄物の台数及び重量の合計数値です。
  • ・値は小数点以下を切り捨てています。

施行規則第47条第1号に基づく再商品化等実績

製品の部品又は材料として利用するものに、有償又は無償で譲渡し得る状態にした場合の当該部品及び材料の総重量。

素材 重量
194t
4t
アルミニウム 15t
非鉄・鉄等混合物 11t
その他の有価物 205t
有価物総重量 432t
  • ・「その他の有価物」とはプリント基板、その他のプラスチックです。
  • ・値は小数点以下を切り捨てています。(小数点以下を切り捨てているため、合計計算値と総重量が合わない場合があります。)

再商品化素材の構成比(液晶式およびプラズマ式テレビジョン受信機)

  • ホーム
  • 会社情報
  • 社会・環境活動(CSR)
  • 環境活動

ページトップへ戻るページトップへ戻る