社会とのつながり社会性報告

社会とのつながり

オリジナルダンスによる企業プロモーションビデオの制作

当社は、横浜赤レンガ倉庫1号館[公益財団法人横浜市芸術文化振興財団](以下、横浜赤レンガ倉庫1号館)との連携による企業・地域プロモーションとして、「多様な社員がイキイキと働く姿」をモチーフとした、オリジナルダンスによる企業プロモーションビデオ「JVCKENWOODancing」を制作しました。
本企画は、横浜赤レンガ倉庫1号館が企画する「企業・地域と劇場をつなぐ 赤レンガ・ダンスプロジェクト」のファーストトライアルであり、当社が推進する「新たな企業文化の構築」に向けた風土改革の一環として、“社員自らが表現者(ダンサー)として出演する”企業プロモーションビデオの制作に至りました。
撮影場所についても、本社・横浜事業所や白山事業所をはじめとした当社の事業所内だけでなく、横浜を代表する歴史的建造物である横浜赤レンガ倉庫を舞台としており、地元である横浜市の歴史と文化、当社と地域の繋がりを想起させる内容となっています。

企業プロモーションビデオの制作について、詳細は以下を参照ください。

社員参加による企業プロモーションビデオの制作について

横浜音祭りにビクタースタジオが出張イベント

2013年9月20日~11月30日の期間中、横浜市内各所の文化・観光施設などを舞台に開催された「横浜音祭り2013」に、ゴールドスポンサーの1社として協賛しました。
同フェスティバルは、約380万人の総来場者数で約152億円の経済波及効果を生んだ音楽フェスティバルとなりました。
協賛イベントの一つ「ビクタースタジオ体感2days in 横浜」では、ビクタースタジオの現役エンジニアが、レコーディング講座やマスタリング講座などを受け持ち、音楽作品ができるまでの工程について試聴を交えて解説しました。講座後のアンケート結果で、9割以上の方からイベント満足度を4点以上(5点満点中)と評価を受けるなど、体験いただいた多くの方々に感動をお届けすることができました。

近隣の大学生による「現場ウォーク」

フランス工場では、近隣の大学との交流活動の一環として工場内で「現場ウォーク」を実施しています。参加した学生たちに、工場見学や質問の機会を通じて、工場の業務・作業についての理解を深めていただきました。その「現場ウォーク」の後に、従業員とともにミーティングを行い、作業改善ポイントやアイディア出しなどの提案していただき、活発な意見交換の場となりました。従業員にとっても気づきのある良い機会となりました。フランス工場では、このような産学共同活動に積極的に取り組み、地域との協力関係を築いています。

映画『REC4』の撮影に協力


映画「REC4」撮影シーン

スペインのグランカナリア島で撮影されたホラー映画『REC』シリーズ(全3作)は、東京国際映画祭やヴェネツィア国際映画祭にも出品された話題性のある映画です。最新作『REC4』(2014年10月公開)では、当社無線機が採用され、さまざまなシーンで使用されました。中でも事件現場である船の上のシーンでは、兵士が仲間と連絡する際に使用され、米国国防総省軍用規格の基準を満たす高い堅牢性と防滴性をクリアした当社トランシーバーを肩にかけている姿は、よりリアリティのある演出を実現するための一助となることができました。

スキーチームへのスポンサーシップ

カナダは、世界から多くのスキーヤーが訪れるほど広大なゲレンデを有し、スキーは人気のあるスポーツの一つです。
当社は、アルペンスキー、障がい者アルペンスキーとスキークロス競技チームを含むカナダナショナルスキーチーム(アルパインカナダ)の公式無線通信サプライヤーとして、2012年12月から2013年3月までに世界とカナダで行われたスキーチャンピオンシップに協賛し、2014年はソチオリンピックに数名の選手が出場しました。
このようなスポンサーシップを通じて、カナダ国内のスポーツ・文化振興との健全な関係を維持しています。

地域社会への貢献

タイ工場の従業員は地域とのつながりを維持するため、地元の小学校へ奨学金、学用品の提供や、身体に障がいのある方たちへ資金、米、古着などの寄付を長年にわたり実施してきました。このように従業員による地域に根ざした活動を継続することによって、地域から信頼される企業を目指しています。

ラグビーチームへの後援活動


ペトラルカ・パドヴァのゲームシーン

イタリアでは、さまざまなスポーツが盛んなお国柄に合わせて、以前からチームや競技者へのスポンサーシップを続けています。
2013年はラグビーの国内最高峰リーグに属し、選手権2010-2011エッチェレンツァで王者に輝いたペトラルカ・パドヴァのスポンサーとなりました。当社はこのようなスポンサーシップを通じて、イタリア国内のスポーツ・文化振興との健全な関係を維持しています。

災害復興への支援活動


※写真はイメージ

アメリカでは、会社と従業員による目的に応じたさまざまな活動を実施してきました。 2013年は、主にその年に起きた世界各地の災害により被災された方々へ復興や援護のために支援金を募りました。

  • ・2,300名以上の死者をもたらしたフィリピンのハイエン台風による被災地域への復興支援
  • ・オクラホマ州の一部の地域を襲ったムーア竜巻による被害の復興支援
  • ・アリゾナ州における観測以来最大級の山火事で、消火活動中に命を失った消防士たちの家族への支援として、各支援団体に約14,000ドルを寄付。

被災された皆様や地域に再び笑顔があふれるよう、今後も災害復興への支援活動を続けていきます。

  • ホーム
  • 会社情報
  • 社会・環境活動(CSR)
  • 社会性報告

ページトップへ戻るページトップへ戻る