企業の社会的責任についての考え方社会・環境活動 (CSR)

企業の社会的責任についての考え方

企業は、人々に有用な商品やサービスと雇用の機会を提供する一方で、社会に対して何らかの負荷をもたらす存在です。特に製造業においては生産活動に伴う廃棄物や排出物、資源やエネルギーの大量消費、人口集中など、環境問題・社会問題と深い関りを持つのが企業なのです。
しかし企業の存在抜きではこの社会そのものが存在しえません。
私たちJVCケンウッドグループは「企業の存在そのものが社会に対して負荷を与えるものである」という認識にたって、企業ビジョンのもと、社会に対する負荷低減と社会貢献を企業活動の一環としてとらえ、「感動と安心」を提供していきます。

JVCケンウッドが果たす社会的責任の構成

  • ホーム
  • 会社情報
  • 社会・環境活動(CSR)
  • 企業の社会的責任についての考え方

ページトップへ戻るページトップへ戻る