ダイバーシティ・トップメッセージダイバーシティ

ダイバーシティ・トップメッセージ

当社グループは、世界中のさまざまなお客様に「感動」と「安心」をお届けするグローバル企業として、「利益ある成長」の実現に取り組むとともに、ひろく社会から信頼される企業となることを目指しております。

グローバル社会の中で勝ち抜くためには、多様なマーケットにおけるさまざまなお客さまを理解し、そのニーズに応えていくことが必要です。さらに、企業が持続的な発展を遂げるためには、多様なステークホルダーの皆様の期待にお応えし、社会から信頼され、社会に貢献し続けることが重要です。

JVCケンウッドでは、従業員一人ひとりのダイバーシティ(多様性)を尊重し、活用することで、働きがいのある職場を実現し、活力のある風土作りを目指す取り組みを始めています。特定の年齢層や文化に属する人たちだけでは、世界中のさまざまなお客様にとっての価値を生み出すことはできません。
多様な人々が集まり、一人ひとりが生き生きと活躍することで、新たなアイデアが生まれ、革新的な価値が創出されると考えます。

中長期経営計画「2020年ビジョン」の実現に向けて、従業員一人ひとりが積極的にダイバーシティへの認識を高め、人種・国籍・宗教・障がい・性別・年齢・性的指向など、多様な価値観を尊重し合い、各々の能力を最大限に発揮することで、世界中のお客様に「尖った」ソリューションを提供する「顧客価値創造企業」への進化をはかり、今後の飛躍に向けて取り組んでまいります。

代表取締役 兼 社長執行役員 CEO
辻 孝夫

ダイバーシティ推進への想い

当社がさらなる飛躍を遂げるためには、全ての社員が各々のポジションで最大限の力を発揮し、活躍することが不可欠です。さまざまな背景を持った社員が「働きやすい会社」、さらには「働く喜びを体感できる会社」を目指し、企業文化を改革していきます。
また、職場風土改革や社員向け研修などを通じ、自ら考え、やり抜く力を持った社員を育成することで、世界中に「尖った」ソリューションを提供することを目指します。

  • ホーム
  • 会社情報
  • ダイバーシティ

ページトップへ戻るページトップへ戻る