ダイバーシティについてダイバーシティ

ダイバーシティについて

当社におけるダイバーシティ

JVCケンウッドでは、「ダイバーシティ推進」を重要な戦略のひとつと位置づけており、従業員一人ひとりのダイバーシティ(多様性)を尊重し、活用することで、働きがいのある職場を実現し、活力のある風土作りを目指す取り組みを始めています。
ダイバーシティを尊重し、お互いを受容することで、従業員一人ひとりの能力が最大限に発揮され、新たな価値創造につながります。多様性を尊重した組織風土づくりを進めることで、お客様の価値創造に貢献することを目指します。

ダイバーシティを尊重し、お互いを受容することで、社員一人ひとりの能力が最大限に発揮され、新たな価値創造につながります

ダイバーシティ・ロゴマークについて

JVCケンウッドでは、当社ダイバーシティ推進への取り組みのシンボルとして、「ダイバーシティ・ロゴマーク」を制定しました。
多様な価値観を持った人たちが手を取り合い、
一丸となって未来に向かう様子を表現しています。
多様な人種、性別、価値観の融合をイメージし、JVCケンウッドの
コーポレートカラーであるブルーを含む広い色域を採用しました。

アクションプラン・目標値について

当社は、2020年ビジョンの実現に向けて、以下の通りダイバーシティ推進に向けてのアクションプランを設定しています。
また、女性活躍推進に向けて、女性の幹部職比率を、2020年4月に5.0%とすることを目標としています。

2020年 女性幹部職5%へ

具体的な取り組み内容
(~2020年4月)

  • ダイバーシティ採用の実施
  • ダイバーシティ研修の実施
  • 多様な働き方に向けた制度検討
  • 出産、育児、介護などに関わる従業員向けイベントの実施
  • ホーム
  • 会社情報
  • ダイバーシティ

ページトップへ戻るページトップへ戻る