コンプライアンスコーポレート・ガバナンス

コンプライアンス

JVCケンウッドグループでは、CSRの根幹をなすコンプライアンスを「法令の遵守を前提に、企業倫理や道義的責任を踏まえた社会的要請に応えること」と認識し、CEOを委員長とするコンプライアンス委員会と内部統制室の主導で、その活動を推進しています。

具体的推進体制

コンプライアンス行動基準

2010年3月に制定された「JVCケンウッドグループ コンプライアンス行動基準」は、冊子とイントラネット(3ヶ国語対応)を通じてグループ内の全従業員に周知され、傘下関係会社のコンプライアンス担当役員(関係会社では原則社長)を通じて徹底されています。

JVCケンウッドグループ
コンプライアンス行動基準

コンプライアンス研修

コンプライアンス教育については、CEOの指示の下、内部統制室が主管しており、コンプライアンス体制の構築に努めています。
当社は、インターネットを利用したeラーニングや実務研修により、当社及び主要 な関係会社の役職員を対象にコンプライアンス研修を実施しております。

内部通報システム

グループ内には、会計・監査上の疑念を監査役室に通報する「監査役通報システム」と、それ以外の全ての疑念を内部統制室に通報する「ヘルプライン」が設置され、それぞれ通報(者)の秘密を守るため、専用の通信インフラとして運営され、選任された担当者が受け付けています。監査役通報システムは、経営から独立して内部統制を監視する監査役会が、ヘルプラインは、コンプライアンス委員会と連携しながら、それぞれ行動基準や社会的要請を逸脱した行為の発見と是正に努めています。

  • ホーム
  • 会社情報
  • コーポレート・ガバナンス

ページトップへ戻るページトップへ戻る