オートモーティブ分野事業概要および重点施策

オートモーティブ分野

自動車業界の環境変化に対応したオートモーティブへ

現在、自動車業界は、将来の環境問題(CO2/NOX排出規制)や自動運転社会へ向けた対応を求められています。環境問題では、EV(Electric Vehicle)化への対応として高度なエレクトロニクス技術が求められ、メーター類などのディスプレイもデジタル化が進展しています。

また、自動運転社会では、カメラや各種のセンサー技術が求められるとともに、コネクテッド化されることで、クラウド活用による車両情報や交通情報の車載インフォテイメントシステムへの表示なども可能になります。さらに、AI(人工知能)を活用することで、より正確で適正な情報をドライバーに提供できるようになります。

このような自動車の進化にともない、車両とドライバーのコミュニケーション(HMI:Human Machine Interface)がより重要となるなど、これまでの自動車業界で求められてきたものとは異なる技術が求められています。それらに対応し、安心安全領域の拡充や環境にやさしい社会を実現することが自動車業界にも期待されています。

こうした自動車業界の変化への対応が、当社のような車載機器メーカーにも求められています。当社では、市販事業とOEM事業を展開していますが、それぞれの事業で求められる変化に積極的に対応していきます。

市販事業

市販事業は、新車ではなく既存車両への対応が中心になりますが、こうした自動車業界の環境変化の中、既存車両に後付けできるドライブレコーダーに安全運転をアシストできる運転支援機能を搭載し、国内市場では業界トップのシェアを維持しています。

また、「高画質」と「高速レスポンス」を実現し、シェアを拡大している国内の「彩速ナビ」や、欧米でトップクラスのシェアを誇るナビゲーションやディスプレイオーディオなどにも、車載機器をコネクテッド化するApple CarPlay/Android Autoに対応し、市場で高い評価をいただいています。

OEM事業

OEM事業では、ドライブレコーダーと連携したカーナビゲーションを用品(ディーラーオプション)事業領域で展開しており、市販市場での高評価や高い商品力により、大手日系自動車メーカーから大型案件の受注獲得が進んでいます。

また、当社では、車載機器のデジタル化が進展することで、今後の成長が期待される次世代デジタルコックピットシステム(電子メーターやカメラモニタリングシステム、ヘッドアップ・ディスプレイなど)の開発に取り組んでおり、英マクラーレン・オートモーティブ社との共同開発により、同社の高級スポーツカーに当社のシステムが搭載されました。

今後、自動車のEV化や自動運転化が進む中で、当社がこれまで培った映像、音響、通信技術に加え、HMI技術を生かした商品開発により、自動車業界の変化へ対応し、事業成長をはかってまいります。

さらに、純正事業領域の拡大に向けて、2013年6月に子会社化したShinwa International Holdings Ltd.(車載用CD/DVDメカニズム、Tier2メーカー)、2015年4月に子会社化したASK Industries S.p.A.(車載アンプ/スピーカー/アンテナ、Tier1メーカー)と当社の協業により、お互いの顧客ネットワークや生産拠点の活用によって新規顧客の獲得に取り組んでいきます。今後は特に、世界一の自動車市場であり大きな成長が期待できる中国や、アジアなどを含めた新興市場での事業強化を目指します。

  • ホーム
  • 会社情報
  • 事業概要および重点施策

ページトップへ戻るページトップへ戻る