パブリックサービス分野事業概要

パブリックサービス分野

無線システム事業

無線システム事業は、世界各国の警察·消防・救急などのパブリックセ—フティ市場や、電気・水道・ガスなどのパブリックサービス市場、およびホテル・小売業などの民間市場に信頼性の高い業務用無線システムを供給しており、高いマーケットシェアを有しています。

        

今後も市場規模の継続拡大が見込まれる北米のパブリックセーフティ市場においては、米国無線システム子会社のZetron,Inc. およびEF Johnson Technologies,Inc.との連携を強化し、北米向けデジタル無線規格「P25」に対応した業務用無線トータルソリューション事業を推進します。

        

また、デジタル無線規格「NXDN」に対応した業務用デジタル無線システム「NEXEDGE®」を世界各国に展開し、パブリックサービス市場をはじめとする幅広いユーザーの課題を解決するデジタル無線ソリューションの提供を目指します。

        

さらに民間市場などでアナログ無線の置き換え需要が高まっているデジタル無線規格「DMR(Digital Mobile Radio)」に対応した中継器などを手掛けるイタリアのRadio Activity S.r.l.を2018年1月に子会社化。無線インフラのブロードバンド化に対しては、業務用LTEスマートフォン事業において業界を牽引する米国のSonim Technologies Inc.と資本業務提携を締結し、同社との協業による製品を米国と日本を皮切りに市場導入を進めています。今後も世界各国で進展している無線適信手段およびサービスの多様化に向けた取り組みも推進していきます。

業務用システム事業

業務用システム事業は、グループ会社の株式会社JVCケンウッド・公共産業システムが手掛けており、さまざまな課題を解決する“ソリューションプロバイダー”として、お客さまに安心•安全・快適・信頼の提供を目指しています。教育や公共、流通、社会インフラ、アミューズメントといった広範囲な市場に向けて、当社の高度な技術・ノウハウに基づく信頼性の高い映像・音響システムなどの製造・販売に加え、「課題解決のためのシステム提案と設計」「高い品質の施工」「長期間にわたり安心して使用できる保守·整備および運用サービス」など、トータルソリューションをワンストップで提供しています。

また、他社とのパートナーシップにも積極的に取り組み、複数の監視カメラ映像をリアルタイムでビデオ解析できる「IVA(インテリジェントビデオ解析システム)」や、株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントが企画・開発した独自の空間音響デザインソリューション「KooNe(クーネ)」など、これまでの型にとらわれない幅広いソリューションを展開。これらのソリューションを広く訴求するため、2017年10月に初のプライベートショー「ソリューションフェア」を開催するなど、販売拡大に取り組んでいます。

今後も、営業からシステム提案、エンジニアリング、サポートまで含めた一体組織化によるソリューション提案力を強化するとともに、当社グループにとどまらず他社との協業も含めたソリューション提案によリ、お客さまのニーズに応える"ソリューションプロバイダー"を目指します。

ヘルスケア事業

へルスケア事業は、独自のディスプレイ・テクノロジーにより、医用画像表示に要求される高次元の「表示性能」と「安定性」を実現したマンモグラフィ画像表示モニターをはじめとする各種放射線用の医用画像表示用モニターや、当社独自のカラーマネジメント技術を生かした病理用画像表示モニターを展開しています。

これらのモニターに加え、今後の事業強化に向けて、2018年5月にドイツのRein Medical GmbHを子会社化することで、OR映像ソリューション事業へ本格的に参入するとともに、長年培ってきた映像技術を生かした8K/4Kカメラシステムソリューションなどの商品化を推進し、ヘルスケア分野における総合的な映像事業の展開を図ります。

さらに、当社独自の注視点検出技術を活用した発達障がいなどの早期診断を支援する視線計測装置「Gazefinder(ゲイズファインダー)」をはじめ、国立研究開発法人国立がん研究センターや第一三共株式会社、シスメックス株式会社と共同研究を進めている光ディスク技術を応用したがんなどの早期診断システムなど、先進的で画期的な検査・診断システムを創出し、社会課題の解決を図るとともに事業成長を目指します。

※Operating Room (手術室)の略

  • ホーム
  • 会社情報
  • 事業概要

ページトップへ戻るページトップへ戻る