この度の「東日本大震災」により被災された皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。

当社グループでは、被災地が一日も早く復旧するよう微力ながら支援を行うとともに、一企業としてお客様のニーズに最大限お応えし、日本や地域の経済・社会に寄与できるよう、できるかぎり通常どおりの企業活動を行ってまいります。

被災地では交通、通信、電力などの公共インフラが破壊されているため、それらに頼らずに交信が可能な無線機が救援作業や復興作業の中で重要な通信手段となります。また、無線機は、多人数へ一斉に情報伝達ができ、携帯電話のような番号入力/検索や呼び出しが不要ですので、迅速に効率よく情報交換を行うことができます。

今回の地震では、大きな被害を受けた東北地方における被災者救援や被災地復興に役立てていただくために、ケンウッド製のデジタル簡易無線機200台*1、特定小電力トランシーバー200台*2、アマチュア無線機5台*3の合計405台を被災地へお届けしました。

また、被災地・被災者の情報源として役立てていただくために、日本ビクター製の聴取補助システム付きラジオ300台*4を被災地にお届けしました。

さらに、当社と当社グループの従業員のマッチングギフト方式による義援金と、海外の関係会社や代理店などからの義援金を合わせて、1,500万円を寄附させていただくことといたしました。

当社グループ一同、被災地の一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げております。

  • *1…登録局対応デジタル簡易無線機 TPZ-D503(充電済み)
  • *2…特定小電力トランシーバー UBZ-LK20BUBZ-LM20B(乾電池込み)
  • *3…HF/50MHz オールモードトランシーバー TS-590S×4台、TS-590D×1台
  • *4…TV/FM/AMラジオ RA-BF3(乾電池込み)

日本ビクター、ケンウッド製品の節電に関する情報

ページトップへ戻るページトップへ戻る