社員紹介 ~ 大川 翔平 ~社員紹介

社員紹介 ~ 大川 翔平 ~

特殊な中国市場でいかにして商品を売り込むか。
現地にも足を運び、市場調査や企画立案に奮闘する毎日です。

大川 翔平 おおかわ しょうへい
2013年入社/オートモーティブ分野 海外営業

JVCケンウッドへの入社を決めた理由は?

音にこだわりを持って製品を作っているところです。たとえば、カーオーディオのスピーカーひとつ取っても、JVCケンウッドはこだわりが違いました。車に載せるものなので振動を考慮することはもちろん、搭載する位置までも計算されたものだったんです。僕自身が昔から音楽が好きだったこともあり、このこだわり尽くされた製品を世界へ広めたいと思い入社を志望しました。

現在の担当業務について

カーエレクトロニクスの海外営業として、アジア、中国、中東を担当しています。主に出荷関係やPSI(生産・販売・在庫)管理業務を中心に、生産工場と各販社の間に入ってPSIの調整や出荷スケジュールの把握、工場から各販社への出荷の指示を行っています。
また現在は中国に住んでいたという経験を活かし、現地へ赴いて市場調査をすることも。実際に中国ではどんな機能や価格が消費者に受け入れられているのかを調べ、そこから自社製品をどう売り込むかを課題に企画立案に取り組んでいます。

入社してから一番印象に残っている仕事は?

ドバイ販社への出荷を担当していた時のことです。空コンテナの確保ができず、製品が出荷できない事態に陥ったことがありました。ドバイ販社は特に売上比率が高かったので、出荷できないとアジア全体の売上に大きく影響してしまいます。そこで、少しでも多くのコンテナを確保するため、運送業者と交渉してコンテナを確保。限られた数のコンテナを有効活用するため、在庫状況を見て優先度をつけながら出荷しました。その結果、販社の売上をなんとか確保することができました。
出荷業務一つにしても自分の指示で売上が左右されてしまう、プレッシャーと同時にやりがいも感じた仕事になりました。

働き始めて、自分が変わったなぁ……と感じるところは?

カーエレクトロニクス商品が気になって仕方ないところですね。友だちの車に乗る時も、すぐにカーナビやオーディオが純正かメーカーかをチェックして、どうしてこの製品を選んだのか、性能や操作感はどうか、満足しているか、根掘り葉掘り聞いてしまいます。毎回のことなので、友だちには「またかよ…」って言われます(笑)。

今後の「夢」や「目標」を聞かせてください

JVCケンウッドの製品を中国で広めることを目標に、今は営業に必要な知識を身につけることを第一にしています。製品に関してはもちろん、製造工程や関税についても把握することが海外で営業する前提だと思いますし、お客様と商談をする上でも大切なことですから。
また、特殊な中国市場を知るために、日常的に中国のSNSをチェックして、消費者の声や文化や市場を把握するようにしています。いずれ成し遂げたい目標のために、自分の持っている経験やスキルを余すことなく活かしていこうと思っています。

就職活動中の方へメッセージを一言

自分が本当にやりたいことは何なのか。どんな経験を活かせるのか。就職活動は自分と向き合う絶好の機会だと思います。辛いことや壁にぶつかることもあると思いますが、その経験こそが成長につながるので、悔いの残らない就職活動ができるよう応援しています!

1日のスケジュール

1日のスケジュール

  • ホーム
  • 採用情報
  • 新卒採用
  • 社員紹介

ページトップへ戻るページトップへ戻る