社員紹介 ~ 小林 功介 ~社員紹介

社員紹介 ~ 小林 功介 ~

一番の醍醐味は成果物を創り上げた時の達成感。
地道に経験を重ねながら、成長できる喜びを感じています。

小林 功介 こばやし こうすけ
2013年入社/オートモーティブ分野 ソフト設計

JVCケンウッドへの入社を決めた理由は?

大学の時に参加した産学連携プロジェクトに、JVCケンウッドの方がいらっしゃったことが意識を持ったきっかけです。普段、社会で活躍されている技術者の方に接することはあまりないですから、プロの技術を間近で見ることはとても刺激的でした。そして、そんな方々と協力し合って一つのものを創り上げることに魅力を感じ、達成感を分かち合える仲間がいて、ものづくりができるJVCケンウッドで働きたいと思うようになりました。

現在の担当業務について

自動車メーカー向けのカーナビゲーション用ソフトウェアを開発する部署で、マイコン制御設計を担当しています。マイコン制御と一口にいっても機能は無数あり、たとえば自動車をバックで駐車する際ギアをリバースに入れるとカーナビの表示がバック映像に切り替わりますが、この時の“ギアが入った”という車両からの信号を受信・解析し、カーナビへ伝えるというコンピューター制御が私の担当している機能の一部です。地味な仕事かもしれませんが、一つ一つの機能が欠かせない役割を持っています。

入社してから一番印象に残っている仕事は?

入社2年目の時に初めて任された仕事です。担当箇所の設計、実装、評価までを、短納期の中で完了しなければならなかったんです。自分の未熟さを痛感しながら多忙を極める日々は本当に辛かったですね。でも、何とか納期までにやり抜くことができ、大きな達成感と少しの成長を得ることができました。
この時、無事にやり遂げられたのは、技術的なことだけでなく担当者同士の密なコミュニケーションがあったからなのかな、と。私は入社するまでプログラマーというと個人プレーという印象があったのですが、JVCケンウッドではいい意味でギャップを感じさせてくれました。

上司、先輩はどんな方ですか?

入社当時、組み込み開発についてほとんど知らなかった私に、上司と先輩はOJTの研修プログラムを組んでくださいました。プログラミングから日々の庶務まで基礎から丁寧に教えていただき、今の私があると思います。仕事に慣れなくてくじけそうになった時も、先輩は「自分も若い時はそうだった。でも、何とかなるから大丈夫」と声を掛けてくれて。その一言が気持ちを楽にしてくれましたね。
今でも、そんな上司や先輩の集中する姿勢、最後までやり遂げる責任感を見習っては何度も襟を正しています。

JVCケンウッドって、どんな会社?

大きな企業になるほど歯車になって働くというイメージがあると思いますが、JVCケンウッドは社員の考えや意志に寛容で、自由にやらせてくれる会社です。一人一人が自分の判断でやれることを見つけられるので、いろんなことに挑戦できますよ。ただ、そういう意味では求められていることが際限なく幅広いのでプレッシャーでもあります。

就職活動中の方へメッセージを一言

就職活動中はいろんな周囲のノイズがあると思いますが、就活は人生の中の重要な分岐点、流されずに悩み抜いた上で決めてください。そしてもし一人で悩むのが辛くなったら家族、友人、先輩……と本当に信頼できる人に頼ってください。素直になって話すことで、改めて自分の気持ちと向き合って、整理することができますよ。

1日のスケジュール

1日のスケジュール

  • ホーム
  • 採用情報
  • 新卒採用
  • 社員紹介

ページトップへ戻るページトップへ戻る