J-Mossグリーンマーク 環境配慮型製品の展開

J-Mossグリーンマーク

JVCケンウッドは、「電気・電子機器の特定の化学物質の含有表示方法が公示されたことに伴い、同規格を準用して、国内で販売している同規格対象製品であるテレビについて、グリーンマーク表示対象商品として情報を開示しています。

J-Mossとは

このグリーンマークは、2005年12月に公示、2008年1月に改訂、関連する工業会のガイドライン規定となり、資源有効利用促進法で「含有表示マーク」表示が義務付けられている7品目が対象です。正式名称は「電気・電子機器の特定の化学物質に関するグリーンマーク表示ガイドラインで規定されるグリーンマーク」とし、英文タイトル(The marking for presence of the specific chemical substances for electrical and electronic equipment)と日本を意味する”J”を組み合わせた略称として「J-Mossグリーンマーク」としています。
指定品目は、テレビ受信機、パーソナルコンピュータ、ユニット型エアコンディショナ、電気冷蔵庫、電気洗濯機、電子レンジ、衣類乾燥機です。これらのうち当社の商品で対象となるものはテレビ受信機だけです。
対象となる環境負荷化学物質は「鉛・水銀・カドミウム・六価クロム・PBB(ポリ臭化ビフェニル)・PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)」の6物質で、その製品含有表示方法について定められています。

除外項目とは

J-Mossでは、現在の技術では特定の化学物質の代替が困難であり、含有されていることが明白である用途については、含有表示の除外項目としています。
(29項目:JVCケンウッドの製品(旧日本ビクター製含む)が該当する代表的な除外項目は、ブラウン管に含まれる鉛、液晶バックライトやハイブリッドプロジェクションテレビのランプなどに含まれる水銀です)(JIS C 0950:2008 付属書B)

J-Mossによる特定の化学物質の含有情報開示

JVCケンウッドでは、製品の主な構成部品(ユニット)ごとにJ-Mossで規定された方法に基づいて情報開示を行っています。なお、対象となるのは2006年6月30日以降に製造された機種になります。
注1 “○"は、算出対象物質の含有率が含有率基準値以下であることを示します。(JIS C 0950:2008)
注2 “除外項目"は、算出対象物質が含有マークの除外項目に該当していることを示します。(JIS C 0950:2008)
注3 “*****"は、対象となる型名の小分類を表す英数字(LT-47LH905,HD-70MH700,など)

化学物質記号凡例:
Pb(鉛)、Hg(水銀)、Cd(カドミウム)、Cr(Ⅵ)(六価クロム)、PBB(ポリプロモビフェニル)、PBDE(ポリプロモジフェニルエーテル)(JIS C 0950:2008 より)

機器名称:液晶式テレビ(LT-*****)

JIS C 0950:2008

大枠分類 化学物質記号
Pb Hg Cd Cr(Ⅵ) PBB PBDE
実装基板 除外項目
キャビネット
パネル 除外項目
スピーカ
その他付属品 除外項目

機器名称:プラズマ式テレビ(PD-*****)

JIS C 0950:2008

大枠分類 化学物質記号
Pb Hg Cd Cr(Ⅵ) PBB PBDE
実装基板 除外項目
キャビネット
パネル 除外項目
スピーカ
その他付属品 除外項目

機器名称:ハイブリッドプロジェクション式テレビ(HD-*****)

JIS C 0950:2008

大枠分類 化学物質記号
Pb Hg Cd Cr(Ⅵ) PBB PBDE
実装基板 除外項目
キャビネット
光学ブロック 除外項目 除外項目
スピーカ
その他付属品 除外項目

機器名称:CRT(ブラウン管)式テレビ (HD-*****, AV-*****)

JIS C 0950:2008

大枠分類 化学物質記号
Pb Hg Cd Cr(Ⅵ) PBB PBDE
実装基板 除外項目
キャビネット
ブラウン管 除外項目
スピーカ
その他付属品 除外項目

関連サイト

J-Mossについてのご案内 [(社)電子情報技術産業協会(JEITA)]

ページトップへ戻るページトップへ戻る