全社的リスクマネジメント(Enterprise Risk Management)への取り組み会社情報

全社的リスクマネジメント(Enterprise Risk Management)への取り組み

基本的な考え方と取り組み

 当社グループは、リスクを「互いに連鎖・影響し合って事業計画の達成を阻害する可能性があるもの」ととらえ、これらを明確に認識するために全世界の各職場が直面するリスクを定期的に洗い出しています。全世界の職場では洗い出されたリスクの発現を抑止したり、その影響や損害を最小化したりするための課題を設定し、これらの課題を創意工夫によって計画的に解決する取り組みを進めています。また、一方で、これらのリスクの中には、全社に影響を与え、全社的な規模と視野で課題の解決が必要なものがあり、その解決に向けては経営が主導して対応を進めています。日々の事業活動の中でリスクを正しく認識し、リスク低減のための課題を把握したうえで、この課題解決のために全世界の職場と経営が協働して取り組むことが最も効果的な企業のリスク対応であると私たちは考えています。

リスクマネジメント体制

 職場と経営が協働して取り組むリスクマネジメントを実現するために、全世界の職場で下図のようなリスクサーベイランスプロセスを毎年実施しています。職場で洗い出されたリスクの重要性を定量評価し、次に重要度の高いリスクを低減するための課題を考察し、そのうえで課題解決の取り組みとその効果確認に至るプロセスを年間を通して進めています。一方、これら活動の進捗や成果は最高総務責任者CAO(Chief Administration Officer)を議長とし、経営層によって構成される「全社リスク管理会議」が把握しています。全社的な規模や視点で課題解決が必要なリスクが浮き彫りになると、会議構成員の中から選ばれた担当役員が、課題解決のためのリソースと仕組みを用意して、職場の取り組みへの支援を計画的に進めています。また、その進捗や成果は「全社リスク管理会議」で共有され、CAOがパフォーマンスを評価して、適切な指示を行っています。「全社リスク管理会議」ではこの他に、リスクマネジメント活動の仕組みが有効に機能するようリスクマネジメント規程の整備をはじめ、さまざまな危機管理のための審議を行っています。

事業継続マネジメント(BCM:Business Continuity Management)

 さまざまなリスクの中で、とりわけ地震などの自然災害、感染症の蔓延や世界各国に広がるISに代表されるテロ行為などの有事発生に際して、当社グループは人命尊重を第一とし、第二に商品・サービスの供給責任を果たすことがお客さまをはじめとするステークホルダーの皆さまに対する社会的な責任であると認識し、事業継続計画(BCP: Business Continuity Plan)の基本方針を「非常事態発生後の速やかな事業活動の回復により、事業の継続を通じて社会の安全・安心に貢献する」と定めています。この方針のもと、従業員とその家族の安否確認体制、防災体制、緊急用備蓄の整備はもとより、これまでに培ったBCPのノウハウを生かして、短期間での自拠点復旧が困難な場合に備えた代替生産の仕組みを順次構築し、生産拠点のみならず、設計開発拠点から本社コーポレートや販売拠点、関係会社に至るまで当社バリューチェーンに関わる全部門を対象にBCP活動を展開中です。多様なシミュレーション訓練を実施し、有事対応を体得するとともに、訓練によって得られた気付きをもとに規程やマニュアルの改善をはかりBCMの質を高めていきます。

  • ホーム
  • 会社情報

ページトップへ戻るページトップへ戻る