IRポリシー




① IR活動の基本方針

 当社は、「感動と安心を世界の人々へ」という企業ビジョンのもと、株主・投資家をはじめとするステークホルダーの皆様との信頼関係を維持・発展させるため、当社に関する重要情報を正確にわかりやすく、公平かつ適時・適切に開⽰することにより、経営の透明性を⾼めるとともに、当社をよりよくご理解いただき、適正に評価していただくことを目的としてIR活動を推進しています。
 

② 情報アクセスの公平性

 ステークホルダーへの情報提供については、「適時開示規定」を社内規定として制定し、社内で決定、発生した事実について、情報開示委員会を通して、開示内容および方法の検討を行い、適時的確な情報提供を実施しています。
 

③ IR活動のスポークスパーソン

 情報の正確性や開⽰の公平性を確保するために、当社が実施するIR活動は、原則として代表取締役会長、代表取締役社⻑、担当取締役および企業コミュニケーション部内のIR担当者をスポークスパーソンとして⾏います。原則としてスポークスパーソン以外の従業員・役員が証券市場関係者・メディアに単独で会社情報の提供を行うことはいたしませんが、必要に応じて、他の従業員や役員をその代理として委任することがあります。


④ 沈黙期間の方針

 当社は、決算情報の漏洩を防⽌し情報開⽰の公平性を確保するため、各四半期の終了日から当該四半期(中間期・通期)の業績発表日までの期間を沈黙期間とし、この期間については決算に関するコメントや質問への回答を控えています。ただし、沈黙期間中に適時開示基準に該当する事項が発生した場合は、適時開示規則等に従って情報を開示いたします。
 

⑤ 開示情報の定義

 当社は、「適時開示規程」に基づき、財務情報および非財務情報について、会社法および金融商品取引法その他の法令ならびに東京証券取引所の規則等に基づく開示を適切に行うとともに、法令に基づく開示以外の情報提供にも主体的に取り組んでいます。