リリース

NEWS RELEASE

2019年4月23日

国内最高峰のGTカーレース“SUPER GT”シリーズ参戦の
レースカーに供給する車載カメラを一新
~ 耐久性・堅牢性を確保しながら、小型・軽量化に加えひずみを低減したクリアな映像撮影を実現 ~

 

 株式会社JVCケンウッドは、GTカーによる国内最高峰のレースである“SUPER GT”シリーズにおいて、GT500クラス全車を含む合計23台のレースカーに「TV放映用公式オンボードカメラ」を供給しています。このたび、先日開幕(岡山国際サーキット、4月13日~14日)した2019年シリーズより、過酷な環境下での耐久性・堅牢性を確保しながら、さらなる小型・軽量化やひずみを低減したクリアな映像撮影を実現する新車載カメラの供給を開始したことをお知らせします。


■新車載カメラ供給の背景と概要

 GTカーをベースとした国内最高峰のレースである“SUPER GT”は、当社が展開するカーナビゲーションやカーオーディオ、ドライブレコーダーといった車載用機器と親和性が高いことから、当社は2014年からレース運営を行う株式会社GTアソシエイションのサポートを行うとともに、レースカーに「TV放映用公式オンボードカメラ」を供給してきました。

 “SUPER GT”向けの車載カメラは、TV放映用としての高い映像品質と、モータースポーツにおける過酷な環境下で撮影し続ける高い堅牢性が要求されます。また、車両への取り付け自由度の向上やレースカーのスピードアップのため小型・軽量化も求められています。

 今回当社は、ビデオカメラやドライブレコーダーの開発で培った高い映像技術と車載技術を生かし、過酷な環境での耐久性・堅牢性を確保しながら、さらなる小型・軽量化に加え、強烈な振動下でもよりひずみを低減したクリアな映像撮影を実現した新車載カメラを開発。2019年度開幕戦より供給を開始しました。

 本カメラは、導入時より採用している遠隔操作で細かなカメラ設定を行える機能などの利便性はそのままに、車両からの脱落を防ぎ安定した取り付けが可能な筐体構造を採用するとともに、動作確認用LEDの位置を見直すことで取り付け後の確認作業の効率化を実現。また、これまでも撮影トラブルのない安定した性能を維持してきましたが、今回それをさらに向上させるため、レースカー特有の振動や温度を再現できる環境を社内に構築することにより、サーキットとほぼ同等の環境下での製品評価を可能とし、さらなる耐久性と堅牢性の向上や、強烈な振動の中でもよりひずみを低減する高い映像性能の確保を実現しました。

 当社は、本車載カメラの供給を通じて当社ブランドのプレゼンス向上を図るとともに、この過酷なレースフィールドで培った経験、技術をフィードバックし、当社のこれからの商品開発へ繋げていきます。


190423_1_img03

<“SUPER GT”2019シリーズ開幕戦>

190423_1_img02

< 新車載カメラ >

190423_1_img01

< 新車載カメラ オンボード映像 >


【株式会社GTアソシエイション 代表取締役 坂東正明氏のコメント】

 2014年よりシリーズスポンサーとして“SUPER GT”にご参画いただいたくとともに、2019年より新たな車載カメラのご提供と技術面でのご協力をいただき、心より感謝しております。このたびのご協力により、2019シーズンはGT500クラス15台、GT300クラス8台への車載カメラの搭載が実現することになりました。外側からは見ることのできない迫力の車載映像を、多くの方にご覧いただければ幸いです。御社と共に、ファンの皆様に車載映像を通して、さらなる興奮と感動をお届けできるよう一層努めて参ります。


■2019年の活動予定

 “SUPER GT”2019シリーズは、4月13日~14日に岡山国際サーキットで開催された開幕戦からツインリンクもてぎでの最終戦(11月2日~3日)まで、全8戦が行われる予定です。

 当社は今後も、迫力の映像収録を可能にすることで、レースコンテンツの魅力度・価値向上に貢献し、レースファンに感動を伝えるとともに、ファン層の拡大をサポートしていきます。


本件に関するお問い合わせ

【報道関係窓口】

株式会社JVCケンウッド 企業コミュニケーション部 広報・IRグループ
TEL: 045-444-5232 〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町3丁目12番地