リリース

NEWS RELEASE

2020年12月7日



 

みんなのタクシー社が提供するタクシー配車アプリ「S.RIDE」と

当社のタクシー向け次世代IoT配車システム「CABmee」との連携による

新たな配車サービスを松田合同自動車が採用

 



株式会社JVCケンウッドは、みんなのタクシー株式会社(以下、「みんなのタクシー社」)が提供するタクシー配車アプリ「S.RIDE(エスライド)」と、当社が提供するタクシー向け次世代IoT配車システム「CABmee(キャブミー)」との連携による新たな配車サービスが、松田合同自動車株式会社(以下、「松田合同自動車」)に採用され、このたびサービスを開始しますので、お知らせいたします。


■「CABmee」と「S.RIDE」の連携の概要

当社は、従来型の製造販売業から脱却し、お客さまの課題を解決するためのソリューションを提供する「顧客価値創造企業」への進化を図るとともに、DX(Digital Transformation)を駆使することでお客さまに新たな価値を提供する次世代システム・サービスの早期事業化を推進しています。これらの取り組みの一つとして、2018年9月よりタクシー事業者を対象に、クラウドを活用したオペレータシステムをはじめ、スマホアプリ配車システム、カーナビゲーションシステム、配車情報を表示する車載システムやドライブレコーダーなどをトータルソリューションとして提案する次世代IoT配車システム「CABmee」の提供を開始しています。

 

また、「CABmee」は自社展開だけでなく、他のメーカーやシステム会社などとの連携や協業、プラットフォームの提供をコンセプトとして開発を行っており、その実現に向けた取り組みの一つとして、2020年3月より「CABmee」とみんなのタクシー社のタクシー配車アプリ「S.RIDE」との連携を開始し、サービス開始に向けて協業を続けてきました。

 

みんなのタクシー社の主要株主である都内タクシー事業者が保有するタクシー車両は都内最大規模の1万台超となっています。同社の「S.RIDE」は、その名称に「Simple、Smart、Speedyな乗車体験を提供する新たなタクシー利用体験を象徴する」という意が込められた配車アプリです。同アプリを起動し、ワンスライドするだけで、東京最大級のタクシーネットワークから最も近いタクシーを呼び出すことができるタクシー配車サービスを実現しています。


■松田合同自動車におけるサービス開始について

松田合同自動車は、小田急線新松田駅を起点に地域住民の足として、また、西丹沢・箱根山の登山者の足として幅広く利用されてきたタクシー会社です。人工衛星を利用した配車と、ナンバーディスプレイを利用した顧客登録システムの導入により迅速な配車サービスを提供してきました。

 

同社には、2020年8月より「CABmee」を導入いただいており、この度「CABmee」と「S.RIDE」を連携させることで、これまでの「CABmee」による電話・IVR(自動音声応答)での配車に加えて、「S.RIDE」による配車を可能とし、配車注文の拡大を実現します。

 

当社は、「CABmee」と「S.RIDE」の連携を推進することにより、タクシー事業者への利便性の高いサービスの提供、また顧客にとって安心・安全・快適な移動体験の提案を通じて、豊かなモビリティ社会につながるサービスの提供を目指します。



※本件では「CABmee」による電話・IVR(自動音声応答)および「S.RIDE」アプリによる配車となります。

<「CABmee」と「S.RIDE」の連携イメージ>


<商標について>

・“CABmee”は株式会社JVCケンウッドの商標または登録商標です。

・“S.RIDE”はみんなのタクシー株式会社の登録商標です。


本件に関するお問い合わせ先

【報道関係窓口】 株式会社JVCケンウッド 企業コミュニケーション部 広報・IRグループ
TEL: 045-444-5232  〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町3丁目12番地

本資料の内容は発表時のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。