リリース

NEWS RELEASE

2021年2月19日



 

当社映像技術を活用しニューノーマル時代の新たなスポーツ観戦・視聴スタイルを創出

サガテレビ、NTTドコモとの共創により
佐賀県の「5Gによるスポーツ観戦の実証事業」に参画

 



株式会社JVCケンウッドは、株式会社サガテレビ(以下、「サガテレビ」)、株式会社NTTドコモ(以下、「NTTドコモ」)との共創により佐賀県の実施する「5Gによるスポーツ観戦の実証事業」に参画したことをお知らせいたします。


■実証事業への参画について

近年、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により、スポーツ観戦をはじめとした大規模イベントのオンライン配信の需要はますます高まっています。また、大手キャリアによる5G通信のサービス提供が開始され順次拡大が進む中、5Gを活用した新たなスポーツ観戦スタイルへも注目が高まっています。そこで当社は、ニューノーマル時代の新たなスポーツ観戦・視聴スタイルの創出を目的とし、2月6日にSAGAサンライズパークで開催された第45回日本ハンドボールリーグにて佐賀県が実施した「5Gによるスポーツ観戦の実証事業」に参画しました。佐賀県では、2024年に「国民スポーツ大会(現在の「国民体育大会:国体)・全国障害者スポーツ大会」の開催を予定しており、その会場となるSAGAサンライズパークにおいて、5Gの活用および地域のスポーツ振興を目的として本実証事業が実施されました。

実証事業では、サガテレビの放送技術、NTTドコモの5G通信、および当社の映像技術を活用し、カメラ4台で撮影したマルチアングル映像による、日本ハンドボールリーグ男子戦のオンライン配信を実施しました。


<実証事業の様子>


■実証事業のシステム構成について

今回の実証事業では、5G通信の高速・大容量の特長を生かし、JVCブランドの業務用ハイエンドカメラレコーダー“CONNECTED CAM™”4台で撮影した映像をリアルタイムで同期し配信するシステム構成としました。視聴者は4つの映像から自由に見たい画面を選んで拡大表示が可能で、さまざまなアングルの映像から好きな映像を選択して視聴できます。また、無線ネットワークやクラウドを活用することで、会場の配線工事やカメラ機材以外の機器設置が不要なため、場所や規模にかかわらずさまざま競技や大会でオンライン配信が可能です。

当社は今後も本システムをベースに、5Gを活用したニューノーマル時代の新たなスポーツ観戦・視聴スタイルを提案していきます。



■当社のサステナビリティへの取り組み

当社および当社グループは、社会から信頼され社会に貢献し続けることが、企業としての持続的な成長につながると考えており、企業ビジョンである「感動と安心を世界の人々へ」のもと、サステナビリティ活動を推進しています。当社は今後も、コロナ禍におけるスポーツ興行の課題を解決する取り組みとして、また、地域におけるスポーツ振興に貢献する取り組みとしてニューノーマル時代の新たなスポーツ観戦・視聴スタイルを創出することで、社会課題の解決に貢献するとともに、持続的な企業価値の向上と社会への貢献を図っていきます。

<当社のサステナビリティ推進ロゴマーク>


<持続可能な開発目標(SDGs)ゴール9・17>

<商標について>
・「CONNECTED CAM™」「サステナビリティ推進ロゴマーク」は株式会社JVCケンウッドの商標または登録商標です。
・その他、記載されている会社名、製品名は各社の商標および登録商標です。


本件に関するお問い合わせ先

【報道関係窓口】 株式会社JVCケンウッド 企業コミュニケーション部 広報・IRグループ
TEL: 045-444-5232  〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町3丁目12番地

本資料の内容は発表時のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。