“SUPER GT” 2022シリーズGT500クラスに参戦する
レーシングチーム「Modulo Nakajima Racing」に協賛

 



株式会社JVCケンウッドは、KENWOODブランドのプレゼンス向上を目的として、ツーリングカー(市販車改造車)による国内最高峰のレース“SUPER GT” 2022シリーズ GT500クラスに参戦するレーシングチーム「Modulo Nakajima Racing」に昨年に引き続き協賛します。

このたびの協賛により、同チームのレーシングカーやレーシングドライバースーツなどにKENWOODブランドのロゴマークが掲出され、カーレースやカスタマイズカーのファンなど、広く自動車ファンに向けた同ブランドの認知の拡大も図っていきます。


<「Modulo Nakajima Racing」が使用するModulo NSX-GT 64号車のイメージ >


■ 協賛の背景

当社はカーナビゲーションやカーオーディオ、ドライブレコーダーといった車載用機器を展開しており、自動車メーカーの市販車をベースとしたレースである“SUPER GT”と親和性が高く、また「Modulo Nakajima Racing」の代表である中嶋悟氏の「単に勝つことだけに目的を置くのではなく、内容の濃いスポーツイベントとしてより多くのファンや関係者の方にモータースポーツそのものがさらに高く評価されることを最大の課題」とするという理念に共感し、2021年に引き続き同チームに協賛することとしました。また、同チームのドライバーとして、当社がサポートを実施している伊沢拓也選手および大津弘樹選手が昨年に引き続いて参戦します。

なお当社は、同レースを運営する株式会社GTアソシエイションへのサポート、ならびにGT500クラス全車を含む24台のレースカーへの「TV放映用公式オンボードカメラ」の供給を今年度も引き続き行っていきます。


■「Modulo Nakajima Racing」のご紹介

「Modulo Nakajima Racing」は元レーシングドライバーの中嶋悟氏が代表を務めるレーシングチームです。今回の“SUPER GT” 2022シリーズ GT500クラスには、同チームのドライバーとして、伊沢拓也選手と大津弘樹選手が2020年、2021年に引き続いて参戦します。

< 中嶋悟 代表 >

● “SUPER GT”参戦体制

・マシン:ホンダ「NSX-GT」
・ドライバー:伊沢拓也選手・大津弘樹選手

< 伊沢拓也 選手 >< 大津弘樹 選手 >


■“SUPER GT” 2022シリーズについて

“SUPER GT” 2022シリーズは、岡山国際サーキットでの開幕戦(2022年4月16日~17日)に始まり、ツインリンクもてぎでの最終戦(2022年11月5日~6日)まで全8戦が行われる予定です。

【ご参考】“SUPER GT”公式サイト URL https://supergt.net/pages



本資料の内容は発表時のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。