従業員のSDGs(持続可能な開発目標)に関する意識の醸成を図る社内イベント

「SDGsフォーラム」を開催




株式会社JVCケンウッドは、以下の通り、従業員のSDGs(持続可能な開発目標)に関する意識の醸成を目的とした社内イベント「SDGsフォーラム」を開催しました。


■「SDGs フォーラム」の概要

当社は中期経営計画「VISION2023」において、とサステナビリティ(SDGs) 経営の推進活動をさらに深化させ、事業活動を通じた社会課題の解決に取り組むことで、持続的な企業価値向上と社会への貢献の両立を目指しています。 その一環として、環境問題や障がい、LGBT などの人権問題にフォーカスし、従業員の SDGs に関する意識の醸成を図る社内イベント「SDGs フォーラム」を昨年に続き開催しました。2022年3月までの半年間で、延べ 15,000 名の従業員が 参加しました。



< 主な実施イベント >

① 誰もが幸せで活躍できるインクルーシブな社会の実現を考えるセミナー

障がいのある人とそうでない人、多様な人々が接し、協力して創造されるものによって、誰もが 幸せで活躍できるインクルーシブな社会の実現を考えるセミナーを開催しました。同様に LGBT+ を理解し一人ひとりの個性を認め合う大切さを学ぶセミナーも開催しました。



② 仕事と介護の両立支援セミナー・男性育児休業取得推進セミナー

少子高齢化に伴う課題として、仕事と介護の両立や男性育休取得推進などの性別役割分担意識の見直しを含めた新しい時代の働き方について考えるセミナーを開催しました。



③ スポーツから持続可能な社会や SDGs を考えるセミナー

スポーツを地域の SDGs 進展のためのキーファクターとしてどのように活用していくのか、スポーツと SDGs がどのようにつながっているのか考えるセミナーを開催しました。



④ 新型コロナ感染症で変わった海外渡航を考えるセミナー

コロナ禍で変わった海外渡航について考えるセミナーを開催しました。



⑤ SDGs eラーニング

従業員の SDGs に対する理解を深め、自分事として SDGs を日々の生活で実践することを目的に SDGs eラー ニングを計3回実施しました。



⑥ 環境に関して学ぶ eラーニング

2021年8月に開示した、当社グループの環境ビジョンや環境基本方針について改めて社内への啓蒙を行い、目標としている事業活動を通じた環境保全活動について理解を深めました。



⑦ みんなで知ろう!!「ビジネスと人権」eラーニング

ビジネスの視点から国連指導原則や日本の「ビジネスと人権に関する行動計画(2020-2025)」を理解し、事業活動を通じた当社の人権への取組みを周知するため eラーニングを実施しました。




■当社のサステナビリティへの取り組み

JVCケンウッドグループは、企業ビジョン「感動と安心を世界の人々へ」のもと、事業を通じてさまざまな社会課題の解決に貢献することが経営の最重要課題と捉えています。すべてのステークホルダーの期待に応え、誰もが安心・安全な暮らしがおくれる社会の実現の一助となるべく、事業とサステナビリティの両輪による経営を推進してまいります。また、今後も自社事業と SDGs との関連について社内浸透を進めることで、持続可能な開発目標達成に貢献することを目指します。

< 当社のサステナビリティ推進ロゴマーク >




本資料の内容は発表時のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。