JVCケンウッドの歩み

recruit_history_index_img

1. 日本ビクターの歩み

日本ビクターは1927年、アメリカ資本のThe Victor Talking Machine Companyの日本法人として設立しました。
蓄音機の販売から始まり、テレビ、ビデオ、DVDレコーダー/プレーヤー、音響機器、ビデオカメラ、磁気テープ、光ディスクなどの研究・開発・製造・販売を行ってきました。


history_logo_img_01


1927年  日本ビクター蓄音器株式会社設立(写真1)
1939年  日本初のテレビジョン受像機完成
1963年  世界最小2ヘッド業務用VTR「KV-200」発売
1976年  家庭用VHSビデオカセッター第1号機「HR-3300」発売(写真2)
1986年  世界最小・最軽量VHSビデオムービー「GR-C7」発売
1991年  業界初16:9マルチワイドビジョン「AV-36W1」発売
1995年  世界初ポケットサイズデジタルムービー「GR-DV1」発売
2003年  世界初家庭用デジタルハイビジョンビデオカメラ「GR-HD1」発売
2007年  家庭用ビデオカメラで世界初、1920フルハイビジョンを実現した、ハイビジョンハードディスクムービー“Everio”「GZ-HD7」発売(写真3)
2009年  グローバルブランド「JVC」を日本国内で導入
2010年  HDカメラ用 次世代ハイスピード・プロセッサー(LSI)を開発

写真1
ビクターマークの元となった
“His Master's Voice”原画

 

 

写真2
家庭用VHSビデオカセッター

写真3
ハイビジョンハードディスクムービー
“Everio”

2. ケンウッドの歩み

ケンウッドは長野県駒ヶ根市に有限会社春日無線電機商会として設立しました。当初は高周波コイル(ラジオ受信機の部品)製造からスタートし、家庭用オーディオ機器、カーマルチメディア機器(カーオーディオ・カーナビゲーションなど)、無線通信機器(アマチュア無線、業務無線など)の事業を行ってきました。


history_logo_img_02


1946年  有限会社春日無線電機商会設立
1957年  日本メーカーとして初めてFMチューナーの輸出を開始(写真4)
1960年  トリオ株式会社に社名変更
1978年  日本で業務用無線機分野に参入
1980年  カーオーディオ分野に参入(写真5)
1983年  米国で業務用無線機分野に本格参入(写真6)
1986年  株式会社ケンウッドに社名変更
1991年  F-1用無線機システムを開発し、マクラーレンチームとオフィシャル・サプライヤー契約を開始
1992年  業界初の1DINサイズGPSカーナビゲーションシステムを発売し、カーナビゲーション分野に参入
1997年  スバル「フォレスター」、二代目「レガシィ」にリアルフォーカスサウンドシステムを供給し、OEM事業基盤を確立
2009年  一斉同報通信システム「VoIP ラジオ ディスパッチ システム」を発売
2010年  新興国市場向けの低価格業務用無線「TK-U100」、「TK-2000/3000」の発売

写真4
FMチューナー

 

写真5
カーオーディオ分野への参入

写真6
業務用無線機

3.合併後~現在

history_logo_img_03


2011年10月 日本ビクター、ケンウッド、および関連会社を合併し、株式会社JVCケンウッドとして統合(写真7)
2012年4月 車載AV機器用CD/DVDメカニズム製造・販売の最大手であるShinwa International Holdings Limited(香港)の株式45%を取得、2013年6月には株式追加取得により連結子会社化
2013年2月 “森・自然”を感じる空間提案をコンセプトとした“Forest Notes(フォレスト ノーツ)”シリーズ発売
2013年7月 成長ドライバーであるヘルスケア事業拡大を目指し、東京特殊電線株式会社の子会社の異動を伴う医用画像表示機器等の情報機器事業の承継実現
2013年7月 先進運転支援システムやロボットの開発・販売を手がける株式会社ZMPと共に、モバイル通信による車載CANデータのクラウドプラットフォームを活用するテレマティクス事業を展開する合弁会社「株式会社カートモ」を設立
2014年3月 業務用デジタル無線システムの事業拡大を目的に、北米の業務用無線システム事業会社(EF Johnson Technologies,Inc.)の株式取得
2014年8月 地域貢献活動の一環として、横浜市と相互連携強化による市民サービスの向上を目的とした「地域活性化に関する包括連携協定」を締結
2015年1月 「2015 International CES」にて、ヘッドアップディスプレイや車載用カメラ、電子ミラーなど先進のデジタルコックピットシステムを、英国マクラーレン社のスポーツカー「McLaren 650S Spider」に搭載し展示(写真8)
2015年4月 オートモーティブOEM事業の強化と販路拡大を目的に欧州主要メーカーに車載用部品を納める「ASK Industries S.p.A.」の株式を取得
2015年4月 日本IBM社との協業により、監視カメラや業務用無線機器とIVA技術を連動した「インテリジェントセキュリティシステム」の受注活動を開始
2016年3月 シスメックス社とエクソソームを対象とした診断機器の共同開発を開始
2016年4月 ソリューションビジネス強化を図るため、業務用システム事業と子会社であるJ&Kビジネスソリューションが合併し、JVCケンウッド・公共産業システムが発足
2016年9月 視線計測装置“Gazefinder(ゲイズファインダー)”を発売
2017年1月 横浜市芸術文化振興財団「企業・地域と劇場をつなぐ 赤レンガ・ダンスプロジェクト」へ参画し「いきいきと働く姿」をモチーフに、企業プロモーションビデオを制作

写真7 2011年10月 合併記念イベント
当日はJVCケンウッドグループの日本国内社員および
海外拠点の代表者など約4,200名が出席しました。

写真8
McLaren 650S Spiderに搭載