排水および廃棄物の削減


廃棄物に関する取り組み

JVCケンウッドグループは、事業活動を通じて発生する廃棄物をこまめに分別・分解し、社内での再利用や有価物化等に積極的に取り組んでいます。その結果、国内においては再資源化率99.7%を達成しており、廃棄物総量も国内外で減少傾向にあります。今後はグローバルも含めたゼロエミッションに向けて取り組み、廃棄物総量の削減および再資源化を一層推進していきます。

中長期目標

廃棄物総量:2020年度までに2012年度比 年1%ずつ削減。

廃棄物総量と再資源化率の推移(2012-2018年度)

対象範囲:国内および一部の海外グループ会社

※ 2012年度は旧ケンウッドにおける海外4拠点のデータを含まず、JVCケンウッドに社名変更した後の通期初年度(2012年度)の実績を基準値としている。

事業所別廃棄物総量 (2015~2018年度)

単位:トン

国内/海外 事業所名 2015 2016 2017 2018
年度目標 2,521 2,495 2,469 2,443
日本 本社・横浜事業所 332 316 413 340
八王子事業所  
152 161 196 214
白山事業所 78 71 65 55
久里浜事業所 29 72 123 43
横須賀事業所 121 56 26 25
JVCケンウッド山形 18 20 18 23
JVCケンウッド長野 48 122 160 155
JVCケンウッド長岡 92 93 104 86
JVCケンウッド・クリエイティブメディア  402 326 305 283
JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント  44 45 52 53
JVCケンウッド・ビデオテック  4 2 3 3
JVCケンウッド・デザイン  4 5 8 0
その他関係会社  71 59 62 -
マレーシア JVCKENWOOD Electronics Malaysia Sdn. Bhd.  110 87 87 86
タイ JVCKENWOOD Electronics (Thailand) Co., Ltd.  39 43 10 9
JVCKENWOOD Optical Electronics (Thailand) Co., Ltd.  99 58 36 65
インドネシア PT. JVC Electronics Indonesia  154 190 178 176
中華人民共和国 Shanghai Kenwood Electronics Co., Ltd.  194 235 181 205
シンガポール JVCKENWOOD Technologies Singapore Pte. Ltd.  233 50 95 100
総合計 2,224 2,011 2,122 1,920

対象範囲:国内および一部の海外グループ会社


廃棄物の再資源化(白山事業所)

白山事業所では、地域の自治体指導のもと廃棄物の減量化・資源化を推進しています。再資源化可能なものは処分委託先協力のもと、全てリサイクル処理を行っています。事業所内で不要となった排出物は16種類の回収箱にて回収を行い、事業所の排出物分別ルールに従いさらに35種類に再分別して処分委託先に引き渡しています。2018年度実績では、事業所で回収した約94%が再資源として、また約6%が原材料として、サーマルリサイクルされています。


廃棄物回収箱(各フロア)

廃棄物回収カゴ(有価物等)

廃プラ圧縮機による排出回数低減(JVCケンウッド・クリエイティブメディア)

JVCケンウッド・クリエイティブメディアでは、廃プラを廃棄する際に、廃プラ圧縮機を活用して容量を減らし、排出回数低減を行っています。

これにより、排出物搬送などに係る排ガス放出やガソリン使用が低減できるとともに排出費用削減にもつながっています。


プラ圧縮機

排水に関する取り組み

近年高まる水リスクへの対応や水資源を持続的に利用するため、JVCケンウッドグループは、水の使用量だけでなく事業活動を通じて発生する排水についても可能な限り再利用可能な水資源となるよう取り組んでいます。今後、特に排水量の多い地域や拠点を特定し、必要に応じた取り組みを実施していけるよう計画していきます。