知的財産の管理・活用

基本的な考え方と取り組み

JVCケンウッドグループの知財戦略においては、「事業としての知財(活用・収入確保)」と「事業を守る知財(権利化)」の攻めと守りの両面から、事業および経営に資する知財活動を行っています。取り組みの柱として、次の3点に注力しています。

1.オープン&クローズ戦略として、標準化・パテントプール・売却による収益化、および新規事業・重点事業領域への参入障壁構築の推進

2.事業戦略・技術戦略と連動した知財戦略の立案と、強化すべき領域のポートフォリオ化

3.知財MIX 戦略として、特許・意匠・商標の複合的保護と活用により、新たな企業価値創造の推進

この3点を通じて、事業を守る防壁特許、将来を創る未来特許、収益に貢献する規格特許の創出を促しています。さらに今後は、IPランドスケープの観点から知財に対する市場性を各種指標と紐づけ、新たな知財の利活用を推進していきます。

※知財情報を活用した経営戦略・事業戦略を展開するための手法


知財体制

知財体制として、会社の未来を支える「尖った知財」を創出する本社知的財産部に加え、事業分野ごとに特許開発グループを設置しています。また、各事業部技術部門にも知財責任者や知財推進責任者を設置し、全社的に知財に対する意識を高め、取り組みを強化しています。


具体的な活動

JVCケンウッドグループは、知財力の強化として、新入社員や新任幹部職、技術者、デザイナーを対象として、「知財スキルUP研修」を実施しております。また、新規事業保護のための「特許アイディア会議」を、各拠点の特許開発グループ単位で積極的に開催しており、会議で検討された内容は未来ポートフォリオの構築に役立てられています。

また、経営層や技術部長、全社技術者への知財意識向上を図るため、「知財シンポジウム」を年に1回開催しています。その中で、外部講師の講演や知財表彰、事例発表等も行っており、2018年度は「知財資産を活用したIoT・AI時代のオープンイノベーション、共創戦略」をテーマとし講演を開催して理解促進を図りました。知財に関する各種社内規程の周知や社内用の知財月報等の発行物と併せ、社内全体の知財意識向上に貢献していきます。


知財シンポジウム