ダイバーシティ&インクルージョン

ダイバーシティ&インクルージョン トップメッセージ


当社グループは、世界中のさまざまなお客さまに「感動」と「安心」をお届けするグローバル企業として、「利益ある成長」の実現に取り組むとともに、広く社会から信頼される企業となることを目指しております。

グローバル社会の中でお客さまから選ばれ続けるためには、多様なマーケットにおけるさまざまなお客さまを理解し、そのニーズに応えていくことが必要です。さらに、企業が持続的な発展を遂げるためには、多様なステークホルダーの期待に応え、社会から信頼され、社会に貢献し続けることが重要です。

JVCケンウッドでは、従業員一人一人のダイバーシティ(多様性)を尊重し、活用することで、働きがいのある職場を実現し、活力のある風土づくりを目指す取り組みを始めています。特定の年齢層や文化に属する人たちだけでは、世界中のさまざまなお客さまにとっての価値を生み出すことはできません。多様な人々が集まり、一人一人が生き生きと活躍することで、新たなアイディアが生まれ、イノベーションが創出されると考えます。

従業員一人一人が積極的にダイバーシティへの認識を高め、人種・国籍・宗教・文化・障がい・働き方・年齢・性別・性的指向・性自認など、多様な価値観を尊重し合い、各々の能力を最大限に発揮することで、社会課題の解決と今後の飛躍に向けて取り組んでまいります。


代表取締役 社長執行役員 CEO

江口 祥一郎




当社におけるダイバーシティ&インクルージョン

JVCケンウッドでは、「ダイバーシティ&インクルージョン推進」を重要な戦略の一つと位置付けています。当社がさらなる飛躍を遂げるためには、全ての従業員が各々のポジションで最大限の力を発揮することが不可欠です。人種・国籍・宗教・文化・障がい・働き方・年齢・性別・性的指向・性自認など、さまざまな背景を持った従業員が生き生きと活躍できる組織を実現し、一人一人のエンゲージメントを高めることが、組織の活性化やパフォーマンス向上につながると考えています。多様性が尊重される組織風土づくりに継続して取り組むことで、イノベーションの創出と事業を通じた持続的社会への貢献を目指します。


ダイバーシティ概念図


ダイバーシティ&インクルージョン推進体制

JVCケンウッドでは、サステナビリティ推進室傘下のダイバーシティ推進室が、全社的なダイバーシティ&インクルージョン推進とその進捗管理の役割を担っています。

ダイバーシティ&インクルージョンを全社的に推進するためには、社内におけるダイバーシティマインドの醸成や理解促進が不可欠です。そのため、ダイバーシティ推進室は、関連各部署と積極的なコミュニケーションを図りながら、社内風土醸成の取り組みを推進しています。また、ダイバーシティ推進室長は、執行役員会で定期的にダイバーシティ&インクルージョン推進戦略に関する進捗の報告を行っています。


推進方針・目標値について

JVCケンウッドは、「組織風土の醸成」「コミュニケーションの進化」「組織の活性化」をダイバーシティ推進施策の3つの柱と捉え、これらに継続して取り組むことで、従業員一人一人が生き生きと活躍できる組織を実現するとともに、イノベーションの創出と事業を通じた持続的社会への貢献を目指します。


また、女性の幹部職比率8.0%(2025年)の達成に向けて、女性従業員が生き生きと仕事で活躍できるよう、研修の実施や育児等の休暇制度の充実などのサポートを行っています。その結果、2015年に2.1%であった女性幹部職比率は、2021年4月時点で5.0% を達成しています。

※幹部職比率は当社単体の数値




ダイバーシティ&インクルージョンに関する取り組み

JVCケンウッドのダイバーシティ&インクルージョンに関する取り組みを年表形式で紹介します。



取り組みの詳細は下記をご覧ください。


ダイバーシティ・ロゴマークについて

JVCケンウッドでは、ダイバーシティ推進への取り組みのシンボルとして「ダイバーシティ・ロゴマーク」を制定しました。

多様な価値観を持った人たちが手を取り合い、一丸となって未来に向かう様子を表現しています。多様な人種、性別、価値観の融合をイメージし、JVCケンウッドのコーポレートカラーであるブルーを含む広い色域を採用しました。このロゴマークは会社案内や名刺など、社内外に向けた啓蒙活動で活用しており、ダイバーシティに関する当社の積極的な取り組みの象徴となっています。


ダイバーシティ・ロゴマーク


経営層が語るダイバーシティ

多様性にあふれる経営層からダイバーシティを紹介します。

経営層が語るダイバーシティ


ダイバーシティな人

多様性にあふれる社員を紹介します。

ダイバーシティな人