ダイバーシティ&インクルージョン

ダイバーシティ・トップメッセージ

経営トップからのメッセージをご紹介します。


当社におけるダイバーシティ

JVCケンウッドでは、「ダイバーシティ推進」を重要な戦略の一つと位置付けています。当社がさらなる飛躍を遂げるためには、全ての従業員が各々のポジションで最大限の力を発揮することが不可欠です。さまざまな背景を持った従業員が「働きやすい会社」、さらには「働く喜びを体感できる会社」の実現に向けて、企業文化を変革していきます。多様性が尊重される組織風土づくりに継続して取り組むことで、新しい価値創造と事業を通じた持続的社会への貢献を目指します。


ダイバーシティ概念図


ダイバーシティ・ロゴマークについて

JVCケンウッドでは、ダイバーシティ推進への取り組みのシンボルとして「ダイバーシティ・ロゴマーク」を制定しました。

多様な価値観を持った人たちが手を取り合い、一丸となって未来に向かう様子を表現しています。多様な人種、性別、価値観の融合をイメージし、JVCケンウッドのコーポレートカラーであるブルーを含む広い色域を採用しました。このロゴマークは会社案内や名刺など、社内外に向けた啓蒙活動で活用しており、ダイバーシティに関する当社の積極的な取り組みの象徴となっています。


ダイバーシティ・ロゴマーク


アクションプラン・目標値について

JVCケンウッドは、2015年にダイバーシティ推進のアクションプランを設定しました(下図参照)。

 

2017年から2018年はPhase2「育成施策の推進&グローバル展開」の期間と設定し、女性幹部職候補育成を目的とした女性従業員向け階層別研修や、女性従業員を部下に持つ上司向け研修を実施しました。また、グローバル展開の施策としては、当社グループ全体の風土醸成のため、アジア生産拠点や欧州販売拠点を訪問し、当社のダイバーシティ推進方針を説明するとともに、各拠点の責任者と情報交換を行うグローバル会議を実施しました。

 

2019年から2020年はPhase3「数値目標達成と2025年ビジョン策定」の期間と位置付け、女性の幹部職比率5.0%(2021年4月時点)の達成に向けて、各種施策を推進しています。その結果、2015年度に2.1%であった女性幹部職比率は、2020年4月時点には計画を上回る4.6%を達成しました。また、2020年6月に「パワハラ防止法」が施行されることを見据え、事業主のハラスメント防止義務の認識を社内に浸透させるため、全国の地方営業拠点にてハラスメント研修を実施しました。


アクションプランの目標に対する進捗状況



女性活躍推進法に基づく「えるぼし」認定の最高位を取得

JVCケンウッドは、厚生労働大臣より、「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」に基づく「えるぼし」に認定され、最高位(3段階目)を取得しました。認定にあたっての評価項目は、「採用」「継続就業」「労働時間の働き方」「管理職比率」「多様なキャリアコース」の5つで、評価項目を満たす項目数に応じて3段階に分かれており、JVCケンウッドは5項目すべてにおいて基準を満たしている場合の最高位(3段階目)を取得しました。

※ 「えるぼし」:2016年4月1日から全面施行された女性活躍推進法に基づき、女性の活躍推進に向けた行動計画の策定および届出を行った企業のうち、その実施状況が優良な企業に対して厚生労働大臣が認定する制度。

social_diversity_04

えるぼし認定マーク


経営層が語るダイバーシティ

多様性にあふれる経営層からダイバーシティを紹介します。

経営層が語るダイバーシティ


ダイバーシティに関する取り組み


ダイバーシティな人