ダイバーシティに関する取り組み

<ダイバーシティ推進室長補佐からのメッセージ>

私は、28歳と35歳の時に産休を経験しました。第一子の時は、産後2か月でのフルタイム復帰しか制度がなく、当時は0歳児保育の受け入れ環境も無かったため、千葉県の実家に母子で仮住まいし、片道2時間半を掛けて通勤しました。一方、第二子の時は、保育園に入所できるタイミングまで産休を延長でき、さらに復帰後1年間は時短勤務もできました。制度が整うことは、女性がさまざまなライフイベントを乗り越えるためには、とても大事なことだと実感しています。

 

また、育児を卒業した後、父と母の介護を経験しました。転んで骨折しての急な入院や、リハビリ病院へ転院先を探すなど、育児とは違った悩みがありました。高齢化が進む中、育児だけでなく、介護も大きな社会問題となっています。従業員一人一人が育児・介護・治療をしながらも充実した仕事が続けられるよう、多様な働き方を実現することが今、求められていると感じています。

 

Profile
1981年4月 入社。IT部門に配属
2013年6月 IT部長に就任。IT戦略およびグローバルIT環境の統括を行う
2016年4月 ダイバーシティ推進部(現・ダイバーシティ推進室)長に就任
現在 ダイバーシティ推進室長補佐
diversity_promotion_img_01

ダイバーシティ推進室長補佐

梶谷 ひとみ


ダイバーシティ・ウイークの開催

当社は、3月8日の「国際女性デー」に賛同し、2019年3月に「Diversity Week」という社内イベントを開催しました。「女性活躍推進」をはじめ、「障がい者との協働」や「LGBT」をテーマとした講演・パネルセッションに加えて、グループ会社であるビクターエンタテインメントの所属アーティストによるミュージックライブや、社員食堂での国際色豊かな特別ランチの提供などを実施。従業員がダイバーシティをより身近な問題として捉えられるよう、座学による研修だけでなく、エンタテインメント性のあるイベントも盛り込むことで、楽しく参加できる企画としました。

今後もこのような取り組みを継続し社内の風土醸成を推進していきます。

200515_effort_img01

Diversity Week ポスター


ダイバーシティ&インクルージョンへの取り組み

人種・国籍・宗教・文化・障がい・働き方・年齢・性別・性自認・性的指向にかかわらず、誰もが公正に評価され活躍できる社内風土醸成のため、当社は2015年より様々な取り組みを行っています。2018年度は、ダイバーシティ・ウイークにて、当社グループで活躍する女性リーダーによる「女性のキャリアと働き方の未来」についてパネルセッションを開催しました。関連子会社のJKUSA(米)のマネージングダイレクター・弁護士であるTimi Jackson、Radio Activity社(伊)の海外営業マネージャー、Sara Isoardoをパネラーとして招き、参加者と共に各国のアンコンシャス・バイアス(無意識の偏見)の違いや、女性がキャリアを築く上での障害や課題などをディスカッションしました。

経営レベルの意思決定にも多様な価値観を反映するため、女性幹部職比率を上げるだけでなく、女性役員候補育成の取り組みについても、経営層との対話を継続していきます。

200515_effort_img02

「女性のキャリアと働き方の未来」
パネルセッション(パネリストを囲んで)


ダイバーシティ研修の実施

JVCケンウッドは、ダイバーシティの定着や、さまざまな従業員が働きやすい環境づくりを目指し、さまざまな従業員向け研修を実施しています。


全従業員向けダイバーシティ研修

企業文化としてのダイバーシティの定着に向けて、グループ会社を含め全従業員対象のダイバーシティ研修(eラーニング)を実施し、従業員のダイバーシティ意識の醸成を図っています。


育児・介護と仕事の両立支援セミナー

育児・介護と仕事の両立をサポートするため、従業員向けのセミナーを実施しています。育児と仕事の両立支援セミナーでは「個々の能力を最大限に発揮できるマネジメント」をテーマとした従業員向け研修を実施しています。介護と仕事の両立支援セミナーでは、介護に対する心構えや介護に直面した時に必要な基礎知識について研修を行っています。

※詳細は「仕事と家庭生活の調和を支援する取り組み」をご覧ください。


女性活躍推進

ダイバーシティ推進の中でも特に早急かつ重点的な取り組みが求められるのが、女性の活躍推進です。JVCケンウッドでは、女性従業員が生き生きと仕事で活躍できるよう、研修の実施や育児等の休暇制度の充実によりサポートしています。特に女性の幹部職比率については中長期課題として認識しており、組織で長く活躍できる人財を育成し、幹部職候補を増やしていく取り組みを継続して行っています。


女性活躍推進研修

女性幹部職比率向上を目指し、将来幹部職候補となる女性従業員向けに階層別の研修を実施しています。また、幹部職を対象にダイバーシティ研修を行い、ダイバーシティの考え方や目的(ダイバーシティを通じて自分を変える、全員の働き方を変える)について理解を深めています。


風土・働き方改革

JVCケンウッドは、従業員一人一人の多様なライフスタイルや働き方に応えられるよう、仕事と家庭生活の調和(ワーク・ライフ・バランス:WLB)に関する取り組みを年々強化しています。
 

※詳細は仕事と家庭生活の調和を支援する取り組みをご覧ください。


外国籍従業員の活躍推進(国内)

少子高齢化とともに人口減少が進む日本国内において、労働力確保の観点からも、国籍にかかわらず優秀な人材を確保するということは企業の成長にとってますます重要となっています。JVCケンウッドでは、従前から外国籍従業員の積極雇用を行っており、文化や生活習慣の違いにもできる限りサポートできる体制づくりに職場ごとに取り組んでいます。2020年3月現在、国内の外国籍従業員は19名となりました。今後も外国籍従業員の積極雇用と彼らが活躍できる職場の風土づくりに取り組んでいきます。


外国籍従業員の活躍推進(海外)

JVCケンウッドグループは、米州、EMEA、APAC、中国等、19か国で事業を展開し、世界中で約17,000人を雇用するグローバル企業です。各地域の特性を理解し尊重することは、円滑な事業活動において大変重要であり、積極的な現地雇用による従業員の活躍はそのための大きな推進力であると認識しています。今後、特に現地での幹部職の積極的な雇用と育成を通じて、各従業員がそれぞれの地域に根差して活躍できるよう、引き続き社内体制の整備等に取り組んでいきます。


LGBTに関する取り組み

当社は性別や性自認および性的指向にかかわらず誰もが働きやすい職場環境づくりを推進しています。LGBTへの理解を深めるため、従業員向けに研修を実施しており、2018年度は、八王子事業所および白山事業所で、2019年度は本社・横浜事業所にて研修を実施しました。

さらに、2018年、2019年は、国内最大級のLGBTの祭典である「東京レインボープライド」にも参加し、LGBT-Allyプロジェクトとして複数の企業と合同でLGBTへの取り組みを訴求するパネルを出展するとともに、パレードに参加しました。

これらの取り組みが評価され、2018年度、2019年度は企業・団体などにおけるLGBTなどの性的マイノリティに関する取り組みの評価指標「PRIDE指標」(任意団体work with Pride策定)において、最高位の「ゴールド」を2年連続で受賞しました。2020年度も引き続き社内外での活動を継続していきます。

191021_sustainability_lgbt_logo

LGBT・シンボルマーク


200515_effort_img04

「PRIDE指標」ゴールド受賞ロゴ

191021_sustainability_tokyorainbow_jp

「東京レインボープライド2019」参加の様子



障がい者への取り組み

障がいの有無にかかわらず全ての従業員が働きやすい職場づくりを目指しています。社内では障がいを持つ従業員と共に働くために必要な知識や考え方について理解を深めるため、継続的に社内研修を実施しており、2018年度、2019年度の累計で379名の従業員が受講しました。障がい者雇用率は2020年3月時点で2.40%であり、今後も法定雇用率(2020年4月現在2.2%、2021年4月までに2.3%へ引き上げ)の達成維持を目指していきます。

 

社外では、「障がいのある人とない人が協働した文化・芸術活動への支援」を目的とし、横浜市と、ヨコハマ・パラトリエンナーレ主催の二者(横浜ランデヴープロジェクト実行委員会および特定非営利活動法人スローレーベル)と共に、ヨコハマ・パラトリエンナーレの実施に関する覚書を締結しました。

 

今後も障がいを持つ従業員を含めた全ての従業員が共に生き生きと安心して働くことができるよう、制度の充実とともに職場内の理解を促進させ、より良い職場環境の醸成に貢献していきたいと考えています。

191021_sustainability_handicapped_jp

障がい者セミナーの様子



職場活性化プロジェクト「プレジョ部」の取り組み

「人種・国籍・宗教・障がい・性別・年齢・性的指向等にかかわらず、従業員が生き生きと働ける会社づくり」を目的とし、各職場からの視点で解決すべき課題を見つけ、解決策を提案するプロジェクトチーム「プレジョ部(Pleasure in the job)」による活動を推進しています。

2017年度から2018年度は、女性従業員同士の交流促進を目的に「女性が生き生きと働き続けるための健康管理」をテーマにしたセミナーを開催しました。また、所属や世代など、バックグラウンドの異なる従業員が参加し、職場で課題と感じていることや改善に向けて働きかけたいことなどをディスカッションする「職場ヒアリング」を各事業所で実施しました。

2019年度は、月1回の定例会で推進メンバーがディスカッションを行い、「社員が生き生きと働ける職場づくり」に向けた改善提案をまとめて経営に提言する取り組みを行いました。


200515_effort_img06
200515_effort_img07

ディスカッションの様子



従業員参加による企業プロモーションビデオの制作について

JVCケンウッドは、横浜赤レンガ倉庫1号館[公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団]との連携による企業・地域プロモーションとして、「多様な社員がイキイキと働く姿」をモチーフとした、オリジナルダンスによる企業プロモーションビデオ「JVCKENWOODancing」を制作しました。
 

※詳細は従業員参加による企業プロモーションビデオの制作についてをご覧ください。