社員紹介 〜タイ・マレーシアの生産拠点紹介〜

自分らしく働ける環境があるからこそ、夢や目標に向かっていける。

世界各国で活躍するJVCケンウッドグループの多様な社員を紹介する「ダイバーシティな人」。
今回は海外版第2弾として、タイ・マレーシアにある3つの生産拠点で働く社員を紹介します。



JVCKENWOOD Electronics Malaysia Sdn. Bhd. ※以下、JKEM


Tan Ah Choon(タン アー チュン)

 

1997年入社 総務管理部長

 

台湾の大学を卒業後、日本の大学院に進学。専門は経営学・会計学。
日本企業で数年間働いた後、JKEMにITシステムエンジニアとして入社。
IT部門長、生産管理部長を経て、2014年から総務管理部長に。


これまでのキャリアについて


ITのシステムエンジニアとして入社し、1年後にIT部門長になりました。その後、資材部門長、総務管理部副部長、生産管理部長などを経て、2014年から現在の総務管理部長をしています。
仕事をする上 での私のモットーは「とにかく楽しみながら仕事をする」ことです。もちろん、仕事では大変なこともたくさんありますが、「辛い、苦しい」だけではなく、「楽しく」仕事をしたいと考えています。
また、ひとつでもいいから「これまでと違うことをやってみる」ことを心がけています。いつもと同じでは楽しくないので、他にはない、皆が楽しく取り組めるようなアイデアを常に提案するようにしています。たとえば、JKEMでは毎年5Sの推進活動を行っているのですが、毎年同じことを淡々と行うだけでは社員になかなか浸透しません。そこで、オリジナルの5Sソングを作ることを提案しました。音楽が得意な社員に作曲をお願いし、歌が得意なメンバーを集めて音楽スタジオで録音し、毎週金曜の5Sの時間に流すことにしたのです。他社にはない取り組みだったこともあり、社員から大好評でした。これからもたくさんアイデアを出して、社員が楽しく仕事ができるような職場環境を作っていきたいと考えています。


家庭と仕事の両立について


結婚してから下の子どもが3歳になるまでの6年間、住み込みで家政婦を雇っていました。その後はパートタイムメイドをお願いしながら、家族全員で家事を分担してきました。どこの国でも同じだと思いますが、キーポイントは限られた時間とお金の中で、「夫婦そろって働いている時間は両親に子どもの世話をお願いする」「平日はベビーシッターに預ける」など、利用可能なリソースをフルに活用することだと思います。
マレーシアでは、日本で見られるような「家事は女性の仕事」という風潮はほとんどありません。夫婦ともに働き、夫婦ともに家事・育児を行う。さらにそれを両親や近所の人でサポートします。そういう環境があるため、仕事で活躍するのに性別は全く関係なく、能力や適性に応じて仕事を与えられます。


ダイバーシティ&インクルージョン


マレーシアには、マレー系、中国系、インド系など複数の人種がともに暮らしています。当然宗教や慣習も異なるため、会社としてもさまざまな背景を持つ社員たちが働きやすいように配慮や工夫が必要です。たとえば、毎週金曜日はムスリムがお祈りのためにモスクまで行かなくてはならないため、昼休みを長めに設定しています。また断食期間中、彼らは太陽が出ている間は食事ができません。食事を摂る時間も変則的になるため、休憩時間を変更するなどの対応をしています。
その他、日々さまざまな要望が社員から寄せられます。そのような時、私はバランスが重要だと思っています。たとえばあるコミュニティから何か要望があった場合、それが他の人たちに取っては都合のよくないことかも知れません。そのような時は、関係者を集めてディベートを行います。必ずしも全員が納得する答えが出るとは限りませんが、なぜやらなければをいけないかを丁寧に説明すること、それからきちんと話し合うことが大切だと思っています。


JKEM社長 渡会 賢一氏のメッセージ

マレーシアでは、長い歴史の中で複数の民族がともに暮らしてきました。日本では他文化に接する機会が少ないため、異なる文化に接すると構えてしまいがちですが、この国では、日常的に異なる文化に接し、当たり前にお互いの文化や慣習を尊重しながら生活しています。
マレーシアで日々彼らと接する中で、文化や言語・宗教が違っても、同じように喜怒哀楽という感情を持った人間同士であり、その気持ちに一つ一つ応えることがコミュニケーションなのだと実感しています。多様性の尊重や他文化の受容など、マレーシアに学ぶことは多いのではないかと思います。


JKEMの様子

discussion04_01_img04

JKEM外観

discussion04_01_img05

部品管理フロア

discussion04_01_img06

Muslims are given special Scarf




JVCKENWOOD Electronics (Thailand) Co., Ltd. ※以下、JKET


Wanpen Inrueng(ワンペン インルァン)

 

1991年入社 人事総務部 マネージャー

 

タイの大学を卒業後、JKETに入社。
製造部の人員計画業務を担当した後、資材および生産計画の責任者となる。
その後、人事総務部に異動し、現在はマネージャーとして人材育成、CSR、施設管理などを担当。


これまでのキャリアで印象に残っていることは?


大学を卒業してJKETに入社してから、あっという間に25年以上が経ちました。その間、製造、購買、生産計画、人事総務など、さまざまな部門を経験しました。
一番印象に残っているのはCSRプロジェクトの担当になって、工業省から「CSR-DIW Continuous Award2018」を受賞したことです。賞にエントリーするためには事務局に膨大な量のデータを提出しなくてはいけないのですが、要求事項がたくさんあり、期限も守らなくてはならないので、環境部門を中心に関係部門と何度もやりとりをして対応しました。受賞の連絡を受けた時はもちろん嬉しかったですが、何よりも受賞したことでJKETの取り組みを対外的にアピールする機会が増え、社員が社会に出るチャンスを作れたことが一番の喜びです。


JKETについて


JKETは、男女関係なくチャレンジする機会がたくさんあると思います。最近では、研修としてタイ国内のさまざまな企業や、海外のグループ企業に社員を派遣しています。社内だけを見ていては"井の中の蛙"になってしまうので、他社を見て自分たちのポジションをしっかり認識するのが目的です。逆に、外を見ることで自分たちの会社の良さが見えてくることもあります。
また、ただ見るだけでは意味がないので、良いところを持ち帰って必ず一人ひとつ改善提案をプレゼンし、プロジェクトとして実行することにしています。私も研修に行かせてもらい、そこでは健康経営がとても進んでいたので、JKETでも何か健康を促進する活動を取り入れたいと思い、食堂のダイエットメニューや休憩時間の体操などを提案しました。


今後の目標は?


これまで、いろいろな部署でたくさんのチャレンジをさせてもらいました。今後は積み重ねてきた経験を活かして、会社の発展のために必要なスキルやマインドを持った人材を育成したいと考えています。長く働いた分、会社に愛もあります。だから後輩たちも同じように、愛を持って長く働けるような会社にしたいです。
そして将来的には、トップエグゼクティブを目指したい。タイにも女性がCEOや社長を努める企業はたくさんありますし、政府の官僚や、サッカーチームのトップにも女性がいますから、トップエグゼクティブを目指すことはそんなに高すぎる目標ではないと思っています。そのためにはこれからも知識を深め、スキルを磨き、自分自身を高めていきたいです。


JKET社長 吉村 具彦氏のメッセージ

赴任が決まった時、「これまでの経験をフルに活かして革新活動に取り組もう」と意気揚々と臨んだのですが、「過去の経験で効果的だったことが上手くいかない」と言うことに幾度も遭遇しました。自分の言動を振り返り考えたところ、指示・伝達の方法がタイの価値観や習慣に適していないことが原因だと気づきました。
タイの文化を理解するため、多くの経験者・有識者と面談したところ、真に信頼される事が重要である事がわかりました。なぜ変革が必要なのかをきちんと理解できるよう細かく説明し、一緒にやってみせる事を心がけて各種革新活動を推進しています。今後は性別や学歴に関係なく、可能性を持った次世代育成に力を入れ、他社と戦える"World Class Factory"を目指します。


JKETの様子

discussion04_02_img04

JKET外観

discussion04_02_img05

5Sが徹底された各フロア

discussion04_02_img06

休憩スペース


JVCKENWOOD Optical Electronics (Thailand) Co., Ltd. ※以下、JKOT


Visit Chatpimonrut(ビジット チャピモンラット)

 

2017年入社 技術部 ITセクション

 

コンピューター工学専攻。
大学卒業後、ゲーム関連企業で2年間プログラマーとして働いた後、2017年にJKOT入社。
ITセクションでソフトウェア開発とプログラミングを担当している。


これまでのキャリアについて


12歳の時、事故で右腕を失いました。友人とサッカーの試合を観戦した帰り道、誤って電線に触れてしまったのです。突然火花が散り、私は気を失い救急搬送されました。医師から切断をするしかないと説明を受け、右腕を切断する手術を受けました。
大学ではコンピューター工学を専攻し、制御ハードウェアのプログラミング、組み込みシステム、プリント基板設計などを学びました。就職先を探すのは、困難の連続でした。障がいを持っているだけで、応募の機会さえ与えてくれない企業もありました。ようやくゲーム関連の会社に就職することができ、2年間プログラマーとして働きました。
その後、いつかメーカーで働きたいと言う想いを叶えるため、知り合いの勧めでJKOTの採用試験を受けました。合格の報せを受けた時は、とても嬉しく、興奮しました。


現在はどのような業務をしていますか?


現在は社内のインターネットシステムの開発・サポートをしています。最近では、出荷管理のためのバーコードシステムを開発しました。従来は出荷前の完成品の分類を目視で行っていたのですが、バーコードシステムを導入したことで、より正確かつスムーズに出荷管理ができるようになりました。
他にも、社内設備の予約管理システム、イベント時の入場者数カウントシステムなどを開発しています。これからもたくさん勉強して、ITの側面からJKOTの業務効率化を推進できるようなスペシャリストを目指したいです。


ダイバーシティ&インクルージョン


JKOTは障がいを持つ社員や妊娠中の女性に対して、さまざまな配慮があります。たとえば、身体が不自由な社員や妊婦にはオフィスに一番近い場所に専用の駐車場が用意されています。また、安心してゆっくり食堂やトイレを使用できるよう、他の社員とずらした時間帯で休憩時間を設定しています。
それから、JKOTには、障がいの有無に関係なく、能力に応じて仕事を任せてくれる風潮があります。先日は、全社のITグローバルミーティングに参加するため、シンガポールとマレーシアに出張しました。そこでは、サイバーセキュリティや組織行動・文化について学んだり、各国の生産拠点を見学したりしたのですが、IT化が非常に進んでいる様子を見ることができ、とてもよい刺激を受けました。


JKOT社長 佐藤 秀行氏のメッセージ

タイに赴任して感じたことは、男女平等が浸透していることです。たとえば子育てや家事は、夫婦はもちろん、それぞれの両親も含めて皆で協力し合うケースが多いです。そういう背景もあり、女性の出産後の復職はとても早いですし、復職後もすぐに通常勤務に戻ります。
また、彼らはとても家族を大切にします。たとえば、家族が風邪を引いたら、会社を休んで病院に連れて行くのも当たり前のこと。日本では、仕事より家族を優先するのはためらわれるような空気も少しありますが、彼らを見ていると、家族を第一に考えることは、何もおかしいことではないのだなと改めて気づかされます。


JKOTの様子

discussion04_03_img04

JKOT外観

discussion04_03_img05

妊婦専用ライン

discussion04_03_img06

障がい者・妊婦用駐車場


*所属・職位は掲載日時点の情報です。