健康経営・労働安全衛生

健康経営の取り組み

健康経営推進の目的

JVCケンウッドグループは、企業ビジョン「感動と安心を世界の人々へ」の実現にむけて、「変革」と「成長」に取り組んでいきます。その源泉は従業員であり、従業員一人ひとりが心身ともに健康であることを重要な経営課題と認識し、「JVCケンウッド健康宣言」を発信して、「全ての従業員が健康で生き生きと働くことができる職場環境」の整備を持続的に目指していきます。


JVCケンウッド健康宣言

JVCケンウッドは、企業ビジョン「感動と安心を世界の人々へ」実現のために、
「全ての従業員が健康で生き生きと働くことができる職場環境」を目指します。


健康経営を通じて目指す姿・解決すべき課題

JVCケンウッドは健康宣言のとおり「全ての従業員が健康で生き生きと働くことができる職場環境」づくりに取り組み、「従業員のパフォーマンス向上」を解決すべき経営課題と認識しています。そのため健康経営を通じて「アブセンティーズムの低減」「プレゼンティーズムの低減」「ワークエンゲージメントの向上」「ワークライフバランスの充実と向上」を目指します。そしてそれら健康経営の目標や取り組みを「健康経営取り組みMAP」にまとめ、全社員が一体となって取り組みを推進していきます。



健康経営推進体制

健康経営の取り組みを加速させるため、人事総務担当役員のもと、「健康管理事業推進委員会」を設置し、各拠点の安全衛生委員会、人事総務責任者および健康経営推進担当者とともに、経営層および産業医、人事部健康経営推進室、総務部、健康保険組合など関連部門が連携して、健康と安全に関する重点課題の改善に取り組んでいます。またグループ会社に対して、方針や施策を展開し活動を共同で実施するなどトップランナーとして取り組んでいます。



健康診断と予防活動

健康診断は健康経営における原点であり、定期健康診断の受診率100%達成はもちろんのこと、結果が「有所見」の従業員への再検査や精密検査の受診を促し、疾病などの早期改善と重症化予防に取り組んでいます。

具体的には、健康経営推進室 健康サポートセンターが広く従業員へ呼びかけるなど、自発的な健康維持・向上を目指します。

 

2018年度実績

2019年度実績

2020年度実績

2021年度目標

健康診断受診率

100%

100%

100%

100%

※対象者:株式会社JVCケンウッド社員


健康増進施策への取り組み

取り組み

内容

定期健康診断の実施と事後措置による重症化予防

国内定期健康診断受診率100%を継続しており、今後も100%を目標としています。

海外グループ会社従業員の健康診断受診状況を確認し、結果の収集や受診促進を行っています。

健康保険組合とともにがん検診や婦人科健診の受診勧奨を行っています。

産業医による結果確認・面談、再検査など受診勧奨や保健指導を行っています。

従業員自身が、自身の健康状態を確認し自己管理に役立てられるよう定期健康診断結果を経年で閲覧できる「ヘルスサポートシステム」を導入、活用し、健康増進を推進しています。

ストレスチェックの実施と職場改善

法定ストレスチェックを実施し、高ストレス者への産業医面談や看護職による相談など、従業員への意識付けやセルフケアを促す取り組みをしています。

職場へ結果分析のフィードバックを行い職場環境改善につなげています。

健康に関する情報提供

社内ポータルサイトで産業医、看護職による健康に関するコラムを紹介し、健康増進活動を行っています。

メンタルヘルス対応

職場と健康経営推進室 健康サポートセンターが連携して、休業から復職以降の支援を行っています。

長時間労働対策

幹部職を含めて、残業が単月60時間を超える長時間勤務者への問診、産業医面談の実施と職場環境改善などを行い、健康障害の予防に努めています。

感染症対策

新型コロナウイルス感染症対応として社内ポータルサイトで情報発信し、在宅勤務の促進、陽性者発生時の職場消毒や、当社独自基準による接触疑義者の在宅勤務指示などによる感染拡大予防、さらにはワクチン接種日の特別休暇付与などを行っています。

インフルエンザ感染予防対策として、健康保健組合によるワクチン接種の費用補助や、事業所内集団接種を行っています。

風しんの抗体検査を事業所内集団健診時に実施しています。

禁煙活動(受動喫煙対策)

健康経営推進室 健康サポートセンターでは「禁煙サポーター」を取得した看護職による禁煙相談を行っています。

健康保健組合とともに喫煙率20%未満を目標に禁煙サポート施策を行っていきます。

相談窓口の設置

相談の多様性にともない、既存のハラスメント相談窓口に加えて、プライバシーに配慮したメンタルヘルス相談窓口、女性専門の健康相談窓口などを設置しています。

※日本禁煙学会認定


メンタルヘルスおよびワークエンゲージメント醸成

メンタルヘルス不調者の早期発見や職場復帰支援の対応について継続的に取り組んでいますが、これまでの二次予防、三次予防に加えて、一次予防としてストレスチェック集計結果等を活用したメンタルヘルスの職場分析や管理者教育等を通じてメンタルヘルス不調に陥りにくい職場づくりを進めていきます。  

このようなメンタルヘルス対策による職場内のコミュニケーション力向上を図りつつ、幹部職、一般職ごとに実施されるキャリア調査による従業員のキャリア志向やスキル、個性などの可視化を通して適材適所での活躍を実現し、仕事に生き生きと取り組める環境づくりを推進しています。


長時間労働対策

長時間労働は、従業員の健康障害や過労死にもつながり得る重大な問題と認識しています。そのため、長時間労働自体の撲滅に向けて、安全衛生委員会等の活動を通じて、毎月全従業員の労働時間の確認と職場へのフィードバックを行なっています。また、長時間労働解消のひとつとして期待されコロナ禍により定着が加速しているテレワークについても、長時間労働対策を含めた適切な労務管理の実現に向け幹部職に対して研修を実施していきます。

こうした取り組みにより、全社一人あたりの総実労働時間について2017年度には平均1,986時間あった総実労働時間が2020年度は1,875時間となりました。今後はテレワーク拡大を背景にしたパソコンのログ管理等による客観的な労働時間の把握と労務管理の徹底を実施することで、従業員一人一人が心身ともに健康で活躍できるよう、全社で取り組みを進めていきます。

 

2018年度実績

2019年度実績

2020年度実績

2021年度目標

年間総実労働時間

1,978時間

1,917時間

1,875時間

1,900時間未満


喫煙率を下げる取り組みおよび受動喫煙対策

JVCケンウッドでは健康経営の重点テーマの一つとして、「喫煙率を下げる取組み」「受動喫煙対策」に取り組んできました。喫煙は本人の健康に与える影響が大きいだけでなく、SDGsゴール3「あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を促進する」における「たばこ規制枠組条約(WHO)」の実施強化や、健康増進法の改正による受動喫煙の防止に向けた取り組みなど、もはや個人の嗜好にとどまらない重要課題となっています。

JVCケンウッドでは、2018年度より健康保険組合とのコラボヘルス施策のひとつとして事業所内の禁煙活動をスタートし、禁煙への取り組みに関する従業員への説明会、禁煙セミナーの実施、禁煙デーの段階的な設定(1回/月→3回/週)などを経て、2020年7月の主要4事業所の敷地内全面禁煙化等により、事業所内受動喫煙の達成に加え、2020年度末の喫煙率目標値(20%)をおおむね達成することができました。また2021年度は20%未満の目標を掲げ、引き続き更なる喫煙率低下を目指して喫煙者への禁煙サポート施策を展開していきます。



健康増進の指標と目標の設定

健康経営の具体的施策について数値指標の測定および目標を設定し、JVCケンウッド健康保健組合とも連携して、「アブセンティーズムの低減」「プレゼンティーズムの低減」「ワークエンゲージメントの向上」「ワークライフバランスの充実と向上」といった期待する効果の実現を目指し、健康増進施策の目標達成に向けて活動を推進しています。

健康施策指標

2018年度実績

2019年度実績

2020年度実績

2021年度目標

健康診断受診率

100%

100%

100%

100%

ストレスチェック受診率

84.2%

88.0%

91.8%

95%以上

睡眠休養※1

55.6%

67.4%

70%以上

運動習慣※2

29.2%

23.4%

30%以上

肥満率※3

29.0%

31.2%

25%未満

webウォーキングイベント参加者数

251名

350名

喫煙率

25.0%

23.1%

20.2%

20%未満

※1 健康診断問診「睡眠で休養が十分とれている。」に「はい」と回答した人の割合

※2 健康診断問診「1回30 分以上の軽く汗をかく運動を週2日以上、1年以上実施」に「はい」と回答した人の割合

※3 日本肥満学会の定めた基準BMI25以上の割合


健康経営優良法人認定を継続して取得

JVCケンウッドは、経済産業省・日本健康会議が主催する「健康経営優良法人認定制度」の大規模法人部門において、優良な健康経営を実践している企業として2018年度から4年連続で認定されており、2021年度は「健康経営優良法人2021(大規模法人部門)」の認定を受けました。

この制度は、地域の健康課題や日本健康会議が進める健康増進の取り組みにのっとり、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業などの法人を顕彰するものです。

当社は、引き続き、従業員の健康維持・増進を経営の重要テーマと位置付け、積極的に取り組みます。


労働安全衛生の取り組み

JVCケンウッドでは、「JVCケンウッド健康宣言」のもと、従業員一人一人が能力を最大限に発揮するために「健康で生き生きと働くことができる職場環境」の整備をJVCケンウッドグループで推進し、災害のない安全で健康な職場づくりに努めています。


労働安全衛生推進の体制

労働安全衛生法に基づき、事業所ごとに安全衛生委員会を設置し、従業員と共に安全衛生推進活動に取り組んでいます。


労働安全衛生推進図


労働災害の発生状況

JVCケンウッドでは、安全衛生委員会と安全パトロールを毎月実施し、労働災害の発生の改善に取り組んできました。その結果として、2020年度は訪問先における凍結した駐車場での転倒事故が1件発生し、労働災害度数率※1、強度率※2共に以下のとおりとなりました。2021年度も労働災害発生件数ゼロを目指して引き続き取り組みを強化していきます。

 

2017年

2018年

2019年

2020年

労働災害度数率

0.000

0.163

0.153

0.175

(製造業)

1.02

1.20

1.20

1.21

労働災害強度率

0.000

0.000

0.008

0.003

(製造業)

0.08

0.10

0.10

0.07

※1 度数率:災害発生の頻度を表す。「労働災害による死傷者数/延べ実労働時間数×100万」で求められる。
  ただし、死傷者数は、休業1日以上および身体の一部または機能を失う労働災害による死傷者数に限定している。

※2 強度率:災害の重さを表す。「延べ労働損失日数/延べ実労働時間数×1,000」で求められる。


安全な職場づくり

JVCケンウッドグループは、安全衛生委員会を毎月実施し、併せて安全パトロールを実施しています。報告・是正処置を組合代表と意見を交わし決定しています。安全衛生委員により各職場に水平展開をすることで安全衛生活動の継続した改善を図っています。

 

2017年

2018年

2019年

2020年

労働安全衛生研修を受講した従業員数

28人

55人

91人

3人


新型コロナウイルス感染症の対策をとって
開催する安全衛生委員会の様子

安全パトロールの様子


サプライチェーンにおける安全衛生の取り組み

JVCケンウッドグループは、2017年に「JVCケンウッド CSR調達ガイドライン」を策定し、同調達ガイドラインにおいて、サプライチェーンにおける安全衛生の取り組みについての具体的な指針を定めています。具体的な指針については、サプライチェーンを構成する多くの部品調達のお取引先に対して、パートナーズミーティングで周知するとともに、CSR調達への自発的・積極的な取り組みをお願いしています。

詳細はサステナビリティ調達へ