サイト内検索

職場のコミュニケーションの促進

コーポレート・ミュージック(社内音楽放送)

JVCケンウッドでは、従業員が気持ちよく、かつやる気が出る状態で業務に臨むための環境づくりの一環として、始業前と退社時間後に異なるコンセプトの楽曲を日替わりで放送しています。従業員からは2017年4月以降425曲のリクエストがあり、それぞれの選曲理由や思いを社内で紹介するなど定着を図っており、業務の効率性を高め総労働時間の削減を図る上でも重要な役割を果たしています。JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントの新譜発売などに合わせたPR企画や季節に合わせた選曲も行っており、音楽を通して従業員のコミュニケーションを広げています。

※ JVCケンウッド・ビクターエンタテインメントが楽曲を提供しています。


社内サークル活動

JVCケンウッドグループでは、2017年度より就業時間外での交流活動を積極的に推奨し、従業員一人一人のワーク・ライフ・バランスを充実させるとともに従業員同士のコミュニケーションを促進するため、社内サークル活動支援を推進しています。

JVCケンウッドでは、社内サークル活動認定の仕組みと助成金制度を導入し、2022年7月時点で36のサークルが発足しています。家族との時間や自己啓発、健康増進活動、趣味を極めるなど、多様なライフイベントの充実は、より良い仕事へのエネルギーを生み出し豊かな創造力の発揮にもつながると考えており、今後も社内サークル活動の支援を行っていきます。


 ヨガサークルの様子


ファミリーデーの実施(JVCケンウッド・エンジニアリング)

JVCケンウッド・エンジニアリングは、次世代育成支援対策推進法に基づいて計画した行動計画にのっとり、ファミリーデーを実施しました。コロナ感染状況が落ち着き、緊急事態宣言が解除された2021年12月に開催しました。密にならない屋外の環境で1次産業である農業を身近に感じるみかん狩りを実施しました。ファミリー層を含む従業員間での交流が図れたとともに、コロナ禍で活動を制限されていた子どもたちに笑顔が戻りました。


ファミリーデーの様子


エコウォーキング(中国・北京)

JVCKENWOOD China Investment(SIC)は、週末の活動として、エコウォーキングを実施しました。従業員は体を動かすことを楽しみつつ、ゴミ拾い・分別を行いました。仕事や日常生活において、SDGsを意識し行動できる従業員の育成を目指しています。またSICでは、仕事以外の時間を利用して社内で運動会を行い、従業員同士が交流する機会を設けています。スポーツを通じて、自身の健康や体力向上について考えるきっかけができるとともに役職や部門の垣根を越えたコミュニケーションの促進が図れます。


エコウォーキングの様子

社内運動会の様子