サイトのご利用にあたって

日本国内向けに運営しているJVCケンウッドグループ(以下「当社」)のWEBサイトについて、下記のご利用条件(以下、「利用条件」)をよくお読みいただき、これらの条件にご同意された場合のみご利用ください。なお、当社は、この利用条件を予告なく変更することがあります。最新の利用条件を確認、同意いただいたうえで当サイトをご利用ください。


動作環境について

お客様がご利用される端末の設定や、一部のブラウザ、アプリケーションでは、意図しない表示になることがあります。ブラウザやアプリケーションによって表現技術が異なるため、本ウェブサイトはすべてのブラウザ、アプリケーションに同一の表示状態を保証するものではありません。
各社提供のブラウザは、バージョンアップによって新しい機能の追加やセキュリティの強化を行っていますので、お使いのブラウザのバージョンを最新版にアップデートしてご利用ください。また、スタイルシート (CSS) やJavaScript、プラグインを使用しているページがありますので、設定を有効にしてご利用ください。


クッキーの使用について

当サイトでは、クッキー (cookies) を使用する可能性があります。クッキーとは、ウェブサイトから個人向けに選択された情報を提供するソフトウェアのことです。クッキーは、利用者のブラウザに送信されるデータの中に組み込まれ、ご使用中のパソコン内のハードディスクに貯えられる場合があります。


SSL暗号化通信について

当社ではお客様に安心して当サイトをご利用いただくため、個人情報やその他の情報を保護する目的で、セキュアサーバ「SSL暗号化通信」を採用しています。その結果、お客様のブラウザと当サイトとの間で行われる情報通信は暗号化され、第三者に漏えいすることなく安全に行われます。ただし、セキュアサーバにより、一部のブラウザ (暗号化アルゴリズム非対応のブラウザ) ではベージの閲覧ができないという現象も報告されています。
非対応ブラウザご使用のお客様には、対応ブラウザへの変更またはアップグレードをお勧めいたします。


免責事項について

当社は、当サイトで提供されている各種情報について、最新かつ正確な情報を掲載するように努めてはおりますが、その完全性・正確性・有用性などについて一切保証するものではありません。これらの情報を利用されたことにより、利用者に損害が生じた場合であっても、当社は一切責任を負いません。

当社は、当サイト掲載情報を予告なしに変更し、または当サイト自体の運営を中断または中止し、もしくはネットワークの中断をさせていただく場合がございます。これらによって利用者に損害が生じた場合であっても、一切責任を負いません。

当社は、当サイトの情報をご利用されたことによって、またはご利用になれなかったことによって利用者に損害が生じた場合であっても、一切責任を負いません。

当社は、当サイトで案内したプログラム・データなどを利用者が利用した結果生じたいかなる損害に対しても、一切責任を負いません。

当サイトに関連してトラブルが生じ、当社が他の利用者を含む第三者からクレーム、訴訟などの申立てを受け、裁判所などによる損害賠償その他の責任を認める裁定がくだされ、その支払いに応じた場合には、当社はかかる一切の費用(損害賠償金、訴訟費用および弁護士費用を含む)を当該トラブルの原因になった利用者に対して請求する場合があります。

本免責事項のいずれかの規定が適用のある法令によって無効と判断された場合といえども、本免責事項は、適用ある法令が許す最大限の範囲で適用されます。





アイディアなどのご提案について

当社は、(1) 独創的なアイデア、(2) 当社が依頼していないにもかかわらずいただいたご提案 (新商品、新技術、デザイン、マーケティングなどに関するアイデア、メモ、図面、コンセプトなど) 、または(3)それに関する資料をお受けすることはできません。

もし、仮にお送りいただいた場合でも、ウェブサイト、電子メールまたは郵送など、方法の如何を問わず、お送りいただいた上記 (1)から(3) のご提案やその関連資料などに対して、当社はその機密を保持する義務を負いません。また、お送りいただいた内容については、特許権などの産業財産権(産業財産権を受ける権利を含む)、著作権(著作権法第27条および第28条の権利を含む)、その他全ての権利の使用を当社に無償で許諾いただいたものとみなし、当社に対してこれらの権利および著作者人格権を行使しないものとします。

当社および当社の関係会社が上記 (1)から(3) のご提案の全部または一部、もしくは同一または類似するアイデアを採用した場合においても、当社および当社の関係会社は利用者または第三者からの損害賠償などの請求には一切応じず、または何らの責任も負いません。


著作権について

当社および関係会社が当サイトで提供する文書・映像・音声・その他の著作物は、著作権法、その他の法律および国際条約により保護されています。個人的な利用を目的として印字や保存などする場合など、著作権法などにより認められる場合を除き、これらの一部または全部を、もしくは改変して、複製・転載・転用・送信・上映し、または電気通信回線またはインターネットなどを通じて公衆に利用可能とすることなどの手段により利用する場合は、事前に当社の許諾を得てください。


商標について

当サイト上に掲載される個々の商標・ロゴマーク、商号に関する権利は、当社または個々の権利の所有者に帰属します。商標法その他の法律により認められる場合を除き、これらを使用する場合は当社または個々の権利の所有者から事前に使用許諾を得てください。


個人情報保護について

個人情報保護の詳細については、「個人情報保護方針」のページをご覧ください。


準拠法および管轄裁判所について

当サイトの利用ならびに利用条件の解釈および適用は、他に別段の定めのない限り、日本国法に準拠するものとします。

当サイトに関する全ての紛争については、別段の定めがない限り、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。


リンクについて

当サイトへリンクを希望される場合は、下記注意事項を順守の上、ご対応ください。下記注意事項を順守していただけるウェブサイトからのリンクについては、自己責任により法人、個人を問わずリンク設定いただけます。

1. 当サイトへのリンクがされていても、リンクサイトの内容を保証するものではなく、リンクサイトの利用、リンクサイトで掲載されている商品・サービスなどを推奨するものではなく、また、当社とリンクサイトを運営する会社とは、提携などの特別な関係にあることを意味するものでもないことを周知徹底してください。

2. 当社は、当サイトへのリンクを設定したことにより生じる損害について、一切の責任を負いません。

3. 当サイトのアドレス、また掲載内容および製品などに関する情報は、予告なく変更または削除されることがあります。

4. 次の方法によるリンクはお断りします。

当サイトで掲載されているロゴまたは画像 (製品その他製品以外のイラスト・人物などの画像を含む) の全部もしくは一部を利用したリンク方法

インラインフレームまたはフレームなどを利用し、サイトの掲載情報などがリンク元のページと一体に見えるリンク方法・フレーム内で当サイトが展開されるなど、当社コンテンツであることが不明確となり、第三者に誤解を与える可能性があるリンク方法 (必ず新しいブラウザが開いて、当サイトが表示される形でリンクを設定してください。)

当社と何らかの提携または協力関係にあるものと誤認を生じさせ、または当社がリンク元のウェブサイトを認知もしくは支持しているとの誤認を生じさせるリンク方法

5. 次のウェブサイトからのリンクはお断りします。

第三者、当社、当社役員または当社社員などを誹謗・中傷するウェブサイト

当社の信用または品位を損なうウェブサイト

法令または公序良俗に反するウェブサイト

上記の他、当社サイトの運営を妨げるおそれのあるサイト

6. 上記項目4.または5.に該当し不適切と当社が判断するリンクが発見された場合、直ちにリンク削除を申し入れることがあります。


当サイトに関するお問い合わせ

当サイトの運営に関するお問い合わせに際しては、お問い合わせページにて、ご連絡ください。


禁止事項

当サイトのご利用に際し、次の行為を行うことはお断りします。

当社、当社の関係会社またはその他第三者の財産もしくはプライバシー等を侵害する行為、もしくは侵害するおそれのある行為。

当社、当社の関係会社またはその他第三者に、不利益もしくは損害を与える行為、もしくはそのおそれのある行為。

公序良俗に反する行為、またはそのおそれのある行為。

犯罪行為もしくは犯罪行為に結びつく行為、またはそのおそれのある行為。

他人の個人情報を登録する等、虚偽の申告、届出を行う行為。

営業活動もしくは営利を目的とする行為、またはその準備を目的とする行為。

当社、当社の関係会社、それらの役員、従業員またはその他第三者の名誉もしくは信用を毀損する行為。

コンピュータウィルス等有害なプログラムを使用もしくは提供する行為、またはそのおそれのある行為。

法令、条例に違反する行為、またはその恐れのある行為。

その他当社または当社の関係会社の業務に支障をきたす行為、もしくはそのおそれのある行為。


分離解釈について

利用条件のいずれかの条項が、適用される法律または管轄権を有する裁判所によって、何らかの理由で無効、違法、または執行不能であると判断された場合、その条項は、許容される最大限の範囲内で、当初の意図に最も近い条項に置き換えられるものとします。また、その他の条項は、完全に有効に効力を有します。