リリース

NEWS RELEASE

2019年6月4日

当社製通信型ドライブレコーダーが

DeNA社の商用車向け交通事故削減支援サービス「DRIVE CHART」に採用

 

 株式会社JVCケンウッドは、当社製通信型ドライブレコーダーが、株式会社ディー・エヌ・エー(以下、「DeNA社」)が2019年6月4日から提供を開始するAIとIoTを活用した商用車向け交通事故削減支援サービス「DRIVE CHART(ドライブチャート)」に採用されましたので、お知らせいたします。

 

1.通信型ドライブレコーダーおよび「DRIVE CHART」の概要

 DeNA社が2019年6月4日から提供を開始するAIとIoTを活用した商用車向け交通事故削減支援サービス「DRIVE CHART(ドライブチャート)」に採用されたドライブレコーダーは、車内外の映像を高画質録画できる2つのカメラを搭載するとともに、LTE回線(4G)による通信機能を搭載しています。車内外の映像はもちろん、内蔵した加速度センサーやGPSにより、車の挙動(急加速・急ブレーキなど)や位置情報をサーバーに送信することが可能です。

 この「DRIVE CHART」は、受信した映像やデータをDeNA社が得意とするAI(画像認識技術)を用いて即座に解析することで、一時不停止や急加減速、脇見・居眠り(今後提供予定)などの危険運転状況を可視化し、その運転特性をドライバーだけでなく管理者とともに把握・改善が図れるサービスで、交通事故削減の効果が期待できます。

<通信型ドライブレコーダー>

<通信型ドライブレコーダー>
※イメージ


2.ドライブレコーダーのさらなる拡販に向けた取り組み

 自動車ユーザーの安全・安心への意識が高まり、ドライブレコーダーの普及は急速に進んでいます。このような中で当社は、旧日本ビクターおよび旧ケンウッドの時代から培ってきた車載技術と映像・光学技術の融合により、ドライブレコーダーには欠かせない高機能・高信頼性・高画質録画を実現することで、市販市場においては国内で業界トップクラスのシェアを獲得。OEM市場においても、市販市場での高評価や高い商品力を生かして、大手日系自動車メーカーを中心に大型案件の受注獲得が進んでおり、さらに海外への本格展開を進めています。

 また、市販およびOEMといったオートモーティブ分野に留まらず、個人向け・法人向け自動車保険やライドシェア、トラック運送業界など、さまざまな分野の他企業との幅広い連携により、通信型ドライブレコーダーを核とするテレマティクスソリューションの提供を推進しています。

 今後も、「コネクテッド化」という自動車業界における大きな変化を見据えて、ドライブレコーダーなどの車載IoTデバイスから得られる各種データを活用することで、ドライバーへ安全・安心を提供するテレマティクスソリューション事業の拡大を図ります。


本件に関するお問い合わせ先

【報道関係窓口】 株式会社JVCケンウッド 企業コミュニケーション部 広報・IRグループ
TEL: 045-444-5232  〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町3丁目12番地

本資料の内容は発表時のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。