リリース

NEWS RELEASE

2020年11月11日



 

マスク着用のまま検温誤差±0.2℃、検出時間0.3秒で測定できる非接触セルフ式検温端末

AI検温ステーション 「VA110」を発売

~クラウド接続とエッジAI活用により監視カメラと連携し、次世代のAIセキュリティへの拡張が可能~

 



JVCケンウッドグループの株式会社JVCケンウッド・公共産業システムは、非接触セルフ式検温端末としてAI検温ステーション「VA110」を2020年11月18日より発売します。

 

本機は、顔認識AIと高性能温度センサーにより、マスクを着用したまま検温誤差±0.2℃、検出時間0.3秒で体表面温度を測定でき、施設利用や入館時の検温に最適な屋内専用の非接触セルフ式検温端末です。

 

また、クラウド接続することにより、エッジAI活用による監視カメラとの連携を可能とし、人物の行動履歴を検索するといった次世代のAIセキュリティシステムへの拡張も可能にします。


品 名

型 名

希望小売価格(税抜き)

発売時期

AI検温ステーション

VA110

オープン価格

11月18日

*本商品はお客様のご要望に応じたシステムでの販売を前提としています。詳細は株式会社JVCケンウッド・公共産業システムまでお問い合わせください。



<企画意図>

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染対策として、企業や自治体をはじめとする多くの施設ではこれまでの防犯セキュリティに加え、入場時の「検温」実施を取り入れ、来訪者だけでなく従業員の感染防止に努めています。

 

こうした社会的課題を背景に当社は、非接触で体表面温度を測定するAI検温ステーション「VA110」を発売します。本機は、顔認識AIと高性能温度センサーの搭載により、マスク着用のまま離れた状態(20~100cm )で検温誤差±0.2℃1、検出時間0.3秒で高精度かつ迅速な測定を実現します。

 

また、本機をクラウドに接続して、顔認証機能を活用することで事前に顔登録をした従業員の検温と入退室を一元管理することも可能です。さらに、監視カメラ映像とエッジAIで連携でき、顔認証機能で特定された人物の行動履歴を検索するなど高度な「顔検索」の活用を可能にします。

 

当社は本機を、施設における感染対策はもちろん‟withコロナ時代“の次世代AIセキュリティとして企業や自治体の、防犯やBCP(事業継続計画)に向けて提案します。


<「VA110」の主な特長>

・顔認識AIと高性能温度センサーの搭載により、 高精度かつ迅速な検温を実現

(1) 顔認識AIと高性能温度センサーの搭載により、検温誤差±0.2℃※1、検出時間0.3秒を実現。センサーは本機から20~100cmの距離で反応します。

  ※1:推奨動作温度において

(2) 音声と画面ガイダンスに従って、マスク着用のまま本機の前に立っただけで、簡単に検温できる非接触セルフ式を採用。対面検温と比較して接触感染リスクを抑制します。
(3) 設定温度よりも高い温度を検知した時やマスク未着用を検出した時はアラート音で通知。
(4) 測定結果は本体に記録が可能。(最大100万件、スナップショットは最大2万件)
(5) 設置場所に応じて利用できるフロアスタンドとデスクスタンドを別売オプションで用意。

<検温イメージ>


<「VA110」の主な拡張機能>

1.クラウド接続により、の顔認証機能の活用が可能※2(別売オプション、2021年2月発売予定)

クラウド接続により、顔認証機能を活用することで、予め顔登録をした従業員や職員の検温管理・出退管理として活用できます。また、登録者以外の入場や高熱測定者をアラート通知するため、セキュリティの強化にも役立てることができます。さらに、複数台の「VA110」の測定結果を一元管理することもでき、拠点や多店舗管理オペレーションにも対応します。

※2:顔認証機能の活用には、別途費用がかかります。

<顔認証機能 画面イメージ>


2.エッジAIを活用した監視カメラとの連携が可能(別売オプション、2021年2月発売予定)

本機の顔認証機能は、エッジAIを活用した監視カメラとの連携が可能です。監視カメラにAtomrock社(本社:米国シアトル)製エッジAI「Video Analyzer」(別売オプション)を組み合わせることで、本機で認識した顔情報と、エッジAIで認識した顔情報が一致するかを検索することができます。特定の人物がどのフロアに居たかといった行動履歴(「Photo Search」機能、別売オプション)を把握したり、顔登録済みの従業員や職員が高熱のまま入場した場合、管理者へアラートを通知します。後に感染症が確認された場合、複数のカメラ映像から顔情報を検索(「Facial Search」機能、別売オプション)して、従事したオフィスや移動したフロアを特定することも可能です。


■拡張システム構成図


<「VA110」の主な仕様>

ディスプレイ

8インチ(解像度800×1,280ピクセル)

カメラ

解像度200万画素

赤外線センサー

32×32マトリクスセンサー方式、温度検出距離 20cm~100cm、温度測定範囲 10℃~60℃

オーディオ

2.5W スピーカー内蔵

インターフェース

有線ネットワークRJ45端子×1*(10/100Base-T)、USB HOST×1、USB OTG×1、リレー+端子×1*、リレー -端子×1*、RS-232×1*、RS-485×*1、ウィーガンド26/34入力×1*、ウィーガンド26/34出力×1*

動作温度/動作湿度

0℃~50℃(性能保証15℃~35℃)/

10%RH~90%RH (性能保証10%RH~70%RH) (結露しないこと)

保管温度/湿度

-20℃~70℃/10%RH~95%RH(結露しないこと)

消費電流

専用ACアダプター、入力AC100V-240V(50Hz/60Hz)、出力DC12V/3A

外形寸法

幅128mm×高さ303mm×奥行27mm(マウントポール部含まず)

質量(本体のみ)

約1.6kg

*標準ソフトウェアでは使用できません。


<別売オプション>

品 名 型 名 希望小売価格(税抜き) 発売時期
デスクスタンド VA110-STD-2

オープン価格

11月18日

フロアスタンド VA110-STD-4
クラウド記録(7日間) LIC-CR-7D

2021年2月
予定

「Photo Search」(画像検索) LIC-VAS-PTOS
「Facial Search」(顔検索) LIC-VAS-FS
エッジAI 「Video Analyzer」
(Atomrock社製)
VA100
ストリーム管理 「Flow Director」
(Atomrock社製)
FD100

*本商品は、薬機法が定める体温計ではありません。本商品は、スクリーニングを行うための体表面温度を測定するもので、測定結果は体温とは異なり

ます。検温判定後に正しい体温を測定する場合は、体温計の使用を推奨します。


<商標について>

・記載されている会社名、製品名はそれぞれ各社の商標または登録商標です。



関連情報




本件に関するお問い合わせ先

【報道関係窓口】 株式会社JVCケンウッド 企業コミュニケーション部 広報・IRグループ
TEL : 045-444-5310  〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町三丁目12番地
【お客様窓口】 株式会社JVCケンウッド・公共産業システム 事業統括部 映像ソリューション推進部
TEL : 045-443-3025  〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町3丁目12番地

本資料の内容は発表時のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。