スポーツ庁「スポーツエールカンパニー」に認定
~全ての従業員が健康で生き生きと働くことができる職場環境へ~



株式会社JVCケンウッドは、社員の健康増進のためにスポーツの実施に向けた積極的な取り組みを行なっている企業として、スポーツ庁より「スポーツエールカンパニー」に認定されました。



「スポーツエールカンパニー」は、スポーツ庁が2017年より「働き盛り世代」のスポーツ実施を促進し、スポーツに対する社会的機運の醸成を図ることを目的として、従業員の健康増進のためにスポーツ活動の促進に積極的に取り組む企業を認定しているものです。


当社では、テレワークの普及によって出社回数が減少するなか、従業員の運動量を維持することを目的に、出社時の事業所内移動で階段の利用を促進する「階段を歩こう」運動を展開しています。また、「ランニング」「ヨガ」などさまざまな社内スポーツサークルへの補助といった取り組みも推進しており、それらが評価され今回の認定となりました。


~当社の健康経営に向けた取り組み~
JVCケンウッドグループは、2021年5月に「変革と成長」をキーワードとした中期経営計画「VISION2023」を策定し、企業ビジョン「感動と安心を世界の人々へ」の実現にむけて取り組んでいます。その源泉は従業員であり、従業員一人ひとりが心身ともに健康であることを重要な経営課題と認識し、「JVCケンウッド健康宣言」を発信して、「全ての従業員が健康で生き生きと働くことができる職場環境」の整備を持続的に目指していきます。


「JVCケンウッド健康宣言」については、こちらをご覧ください。
https://www.jvckenwood.com/jp/sustainability/social/safety_health.html

※「スポーツエールカンパニー」の詳細は、スポーツ庁のウェブサイトよりご参照ください。
https://www.mext.go.jp/sports/b_menu/sports/mcatetop05/list/1399048.htm



本資料の内容は発表時のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。