「健康経営優良法人」に5年連続で認定
~ 大規模法人部門の上位法人「ホワイト500」は4回目の認定 ~



株式会社JVCケンウッドは、経済産業省と日本健康会議が共同で実施する「健康経営優良法人2022(大規模法人部門)」に、2018年度から5年連続で認定されました。また、大規模法人部門の上位法人「ホワイト500」の認定は4回目となります。



健康経営優良法人認定制度は、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業などの法人を顕彰するものです。このたび本制度における大規模法人部門に2,299法人が認定され、そのうち上位500法人には「ホワイト500」の冠が付加されています。


< 当社の健康経営に向けた取り組み >

JVCケンウッドグループは、2021年5月に「変革と成長」をキーワードとした中期経営計画「VISION2023」を策定し、企業ビジョン「感動と安心を世界の人々へ」の実現にむけて取り組んでいます。その源泉は従業員であり、従業員一人ひとりが心身ともに健康であることを重要な経営課題と認識し、「JVCケンウッド健康宣言」を発信して、「全ての従業員が健康で生き生きと働くことができる職場環境」の整備を持続的に目指していきます。


< 2021年度に特に重点を置いて取り組んだ施策 >

 1 )「健康経営取り組みMAP」で健康経営を通じて目指す姿・解決すべき課題を可視化し公表

 2 ) 禁煙の推進を含む、生活習慣病の予防施策の推進

 3 ) 生産性低下を招くメンタル疾患の防止施策の推進


詳細およびその他の取り組みについては、当社Webサイト内の以下ページに記載しています。

~ 健康経営の取り組み(JVCケンウッド健康宣言)~



本資料の内容は発表時のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。