EXOFIELDの特徴 3


新開発の「個人特性生成アルゴリズム」により、最適な音響特性を短時間で測定・自動生成が可能。


新開発の「個人特性生成アルゴリズム」により、短時間でユーザの個人特性を測定し、最適な音響特性を自動生成することが可能です。このアルゴリズムにより、リスニングルームなどの測定環境の影響やヘッドホンの装着ずれによる頭外定位音場効果のばらつきを最小化させることができるため、測定結果から演算した伝達関数に最適化処理を行うことで幅広い測定条件、使用条件に対応します。



1)センター音像定位の明確化

スピーカーの直接音と反射音をそれぞれ解析し、スピーカーとリスナーの位置関係による音の打消しや部屋の反射の影響を補正することで、従来の頭外定位技術で課題となっていたセンター音像の不明確さを改善しました。さらに、頭外定位音場生成時において、ヘッドホンの再生音場をキャンセルするための逆フィルタ生成時に各チャンネルの位相特性を正確に合わせることで、本来あるべきセンター位置への音像定位を実現しました。


2)ヘッドホン装着ずれによる特性ばらつきの最小化

ヘッドホンの装着位置から生じる周波数特性の変動やピークディップを、ヘッドホンの再生音場をキャンセルする逆フィルタの生成時に最適化。ヘッドホンの装着ずれに起因する定位効果の変動を安定化しました。


3)測定から個人特性の生成までを短時間で実現

インパルス応答の測定は短時間で計測できるパルス法、騒音下ではTSP 法を採用し、測定から個人特性の生成まで短時間で完了します。