音楽コンテンツ制作における「K2テクノロジー」





オリジナルマスターの魅力を各メディアに収める



デジタル音源制作に置いて、情報量の多いマスター音源を限られた小さなフォーマットに入れる際に、オリジナルのもつ音楽的表現力を保って納めるのが「K2HDコーディング」です。デジタルデータの最大で192kHz/24bit までの上位フォーマット音楽情報を、44.1kHz/16bit の下位フォーマットに収めることが可能です。􀀀CDフォーマットではカットされてしまう、再生周波数20kHz 以上の高周波数帯域を、音楽エネルギー等価変換によって20kHz 以下のCDフォーマット周波数帯域に落とし込み、既存のCD でも最大で192kHz/24bit スペックの分解能や解像力を持つ音楽的な表現力を可能にします。

また、CDフォーマットしか存在しない音源であっても、「K2HD プロセッシング」で一旦周波数を拡張し、そのデータをふたたびCDフォーマットにコーディングすることで、オリジナルマスターの表現力に近いCD コンテンツの実現が可能です。






「K2」技術とエンジニアのマンパワーが融合した高次元マスタリング技術



多様化するメディア、複合化するフォーマット。そしてノンパッケージ。音や音楽だけでなく、あらゆるエンタテインメントコンテンツの制作において、マスタリングの重要性はとどまるところがありません。

「K2HD PRO マスタリング」は、ビクタースタジオのマスタリングエンジニアの感性・経験による音・音楽づくりと「K2HD」技術が融合した、高次元マスタリングシステムです。ビクタースタジオでは、「K2HD プロセッシング」機能を搭載した唯一のプロ仕様機器である初号機に対して、パラメーターの再調整及び、筐体自体の改善強化を図った「K2HD プロセッサー」を全マスタリングルームへ完全導入。「K2HD」効果を飛躍的にアップさせることで更なる高音質化を実現、今までにも増した高次元で自然な音楽表現を実現します。これまでに国内だけでなく、アジア圏を中心とした海外も含め、この「K2HD PRO マスタリング」CD が、1000 枚以上リリースされ、高い評価を得ています。