リリース

NEWS RELEASE

2019年7月2日


 

国際連合プロジェクトサービス機関(UNOPS)を通じて

ウクライナ国家警察へ業務用デジタル無線システムを納品

 


 

 株式会社JVCケンウッドは、当社製の業務用デジタル無線システムが国際連合プロジェクトサービス機関(UNOPS)を通じてウクライナ国家警察への納品および設置が完了しましたので、お知らせいたします。


■業務用デジタル無線システム納品の背景

 2014年のウクライナ東部紛争の勃発以来、日本政府は紛争に苦しむウクライナの人々に対して国際機関を通じたさまざまな支援を行っており、本件はその一環となります。このたび納品が完了した業務用デジタル無線システムは、ウクライナ東部の国境沿いに位置するスーミ州に配備され、従来まで使用されていたアナログ無線システムと比較して、秘匿性の高い通信を可能にします。

 これからも当社は、高品位かつ信頼性の高い業務用デジタル無線システムを提供することにより、さまざまな国の治安強化と市民の安全な生活に貢献してまいります。

ウクライナ国家警察へ納品した業務用デジタル無線機

ウクライナ国家警察へ納品した

業務用デジタル無線機


■無線システム事業について

 近年、世界各国で大規模な災害や紛争などが発生している中、警察や消防、救急といった生命に係わる現場において、業務連絡用の無線システムは人々に安心・安全を提供する上で欠かせないものとなっています。

 当社における無線システム事業は、長年にわたって培ってきた無線技術と最先端のデジタル/ネットワーク技術を融合することで、世界各国の警察・消防・救急などのパブリックセーフティ市場や、電気・水道・ガスなどのパブリックサービス市場、およびホテル・小売業などの民間市場に信頼性の高い業務用無線システムを供給しており、高いマーケットシェアを有しています。


■今後の取り組み

 当社は、企業ビジョンである「感動と安心を世界の人々へ」のもと、お客さまの課題を解決する「顧客価値創造企業」への変革を図っており、当社グループが培ってきた技術資産に加え、オープンイノベーションの活用により、AIやIoTといった最新のデジタル技術やビックデータを駆使することで、お客さまに新たな価値・サービスの提供を目指しています。

 また、事業活動を通じたサステナビリティ活動の推進も重視しており、今後も日本政府が主導するODA(政府開発援助)など国内外のさまざまな支援活動に積極的に参画することで、持続的な成長と企業価値の向上を図り、持続可能(サステナブル)な社会の発展に貢献してまいります。


本件に関するお問い合わせ先

【報道関係窓口】 株式会社JVCケンウッド 企業コミュニケーション部 広報・IRグループ
TEL: 045-444-5232  〒221-0022 神奈川県横浜市神奈川区守屋町3丁目12番地

本資料の内容は発表時のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。