顧客価値創造企業への変革

社会課題を解決する製品・サービスの創出

社会課題を解決する製品・サービスの創出は売上の伸長とともに、企業として利益ある成長と社会課題解決の両立を実現するための重要事項です。経営方針の一つである「事業を通じた持続型社会への貢献」を具現化するためにも、地域の社会貢献活動に留まらず、事業を通じてどのような社会課題にコミットし、その解決に貢献できるかを念頭に置きながら、市場でのプレゼンスを拡大していくことが必要となります。

 

2019年4月にはデジタル技術を駆使して、お客さまの事業にイノベーションをもたらすことを目的として、デジタルトランスフォーメーション(DX)ビジネス事業部を新たに立ち上げました。JVCケンウッドグループが誇るさまざまな技術の組み合わせにとどまらず、ロジスティクスの提供、新たなビジネスモデルの提供・実施、ファイナンスの手配・提供や出資を行っています。既存の事業分野の枠にとらわれず、新規事業の創出を図ることで、オートモーティブ分野、メディアサービス分野、パブリックサービス分野から独立した第4の柱となることを目指しています。

 

JVCケンウッドグループでは、次の6つの分野において特に社会課題との関連が強い製品・サービスを特定し、製品開発や市場投入に向けて取り組んでいます。
 

※「主な製品・サービス」と持続可能な開発目標(SDGs)の関連については、SDGsへの貢献を参照してください。


価値創出の6つの分野と主な事業

価値創出の分野 主な製品・サービス
1 オートモーティブ製品・サービスによる価値創出 ナビ連動型ドライブレコーダー
2 IoTソリューション製品・サービスによる価値創出

タクシーIoT配車システム「CABmee」

通信型ドライブレコーダーを活用したテレマティクスサービス

3 防災および減災製品・サービスによる価値創出

多言語放送対応の非常・業務用放送設備

4 セキュリティ製品・サービスによる価値創出

IVA(インテリジェントビデオ解析システム)

統合管理型 顔認証システム

車両ナンバー認証システム

5 ヘルスケア製品・サービスによる価値創出

医用画像表示モニター

ExoCounter(エクソカウンター)

6 少子高齢化社会の課題に寄与する価値創出 Gazefinder(ゲイズファインダー)