社会課題の解決に貢献する製品・サービス

昨今、市場環境は想定を上回る速さで変化しており、さらには世界的な新型コロナウイルス感染症の拡大がDX(デジタルトランスフォーメーション)による技術革新を加速させ、当社を取り巻く事業環境は大きな転換が進んでいます。また、持続可能な開発目標(SDGs)の実現に対して、企業には社会からの高い期待が寄せられています。
JVCケンウッドグループは、高い品質の製品を製造するだけでなく、社会と顧客の変化するニーズに迅速に対応し、ソリューションという形で付加価値を有する製品・サービスを提供する企業へと変革していく必要性を強く感じています。

JVCケンウッドグループでは、「モビリティ&テレマティクスサービス」「パブリックサービス」「メディアサービス」という3つの事業分野において、それぞれ社会課題の解決に貢献する製品・サービスを展開しています。


社会課題の解決に貢献する分野と主な製品・サービス

マテリアリティ

主な製品・サービス

貢献するSDGs

交通事故の防止

安心・安全な輸送システムの確保

モビリティ&テレマティクスサービス分野における価値創出

  • ナビ連動型ドライブレコーダー
  • 通信型ドライブレコーダーを活用したテレマティクス保険サービス
  • タクシーIoT配車システム「CABmee(キャブミー)」
 

 

防災・減災への対応

安心・安全なまちづくり

パブリックサービス分野における価値創出

防災に関する取り組み

  • 業務用無線システム
  • 非常・業務用放送設備

安全に関する取り組み

  • セキュリティシステム(IVA、統合管理型 顔認証システム、車両ナンバー認証システム)

ヘルスケアに関する取り組み

  • エクソソーム計測システム「ExoCounter(エクソカウンター)」
  • 視野計測装置「Gazefinder(ゲイズファインダー)」

メディアサービス分野における価値創出

  • ポータブル電源
  • Web会議用マイクスピーカー