経済

JVCケンウッドグループは、企業ビジョン「感動と安心を世界の人々へ」の実現に向けて、長年にわたり培ってきた独自の知見や技術を用いて新しい製品・サービスを創出することで、現在顕在化している、もしくは潜在的な社会課題への貢献を目指しています。

当社グループは、新たに策定した中期経営計画「VISON2023」において、持続的な企業価値の向上を目指して事業ポートフォリオを再定義しました。2021年7月に発足した新たな組織体制のもと、特に取り組むべきSDGsのゴールを念頭に、それぞれの分野で積極的に社会課題解決への貢献を目指した製品・サービスの開発を行っています。
社会課題の解決に貢献する製品・サービスにおいて、各分野で特に社会課題への貢献が期待される新規の製品・サービスをご紹介します。いずれも今後市場投入の拡大が計画されており、JVCケンウッドグループの成長を牽引していくことが期待されています。
また、技術開発戦略『R&D²』においては、当社の根幹となるものづくりに対する考え方を、新たに策定された技術開発戦略「R&D²」と、それを支える未来創造研究所の活動や知財戦略についてもご紹介します。


2021年7月からの新組織体制