製品セキュリティに関する基本方針ホーム

JVCケンウッドグループは、製造・販売する製品の安全性を確保し、お客様に安全と安心をお届けすることが、経営上の重要課題であり、企業としての社会的責任であるとの認識のもと、以下のとおり製品セキュリティに関する基本方針を定め、誠実に製品セキュリティの確保に努めてまいります。

  • 1. 法令の遵守:
    私たちは、製品セキュリティに関する諸法令を遵守します。
  • 2. 製品セキュリティの確保を最優先とする企業文化の維持・向上:
    私たちは、この基本方針に基づき製品セキュリティに関する自主行動計画を策定・実行し、継続的な改善を行うことにより、「お客様第一」、「製品セキュリティの確保」の企業文化を確立・維持、向上させます。
  • 3. 本質的なセキュリティ設計の実現:
    私たちは、あらゆる側面から製品のセキュリティリスクを徹底分析し、リスクの低減をはかり、本質的なセキュリティ設計の実現に努めます。
  • 4. 誤使用などの回避の施策:
    私たちは、お客様に当社製品を安全にご使用いただくため、取扱説明書、製品本体などに誤使用や不注意によるセキュリティ上の不具合の回避策に役立つ注意喚起や表示を行います。
  • 5. 製品セキュリティ確保のための取り組み:
    私たちは、製品セキュリティを確保するため、法令で定められた基準および産業界で推奨されているガイドラインを参考にした独自の社内セキュリティ基準・ルール等を定め、その運用の徹底をはかるとともに、常に適切なセキュリティ品質管理を実施し、これらの継続的な向上に努めます。
  • 6. 製品事故・脆弱性情報の収集と開示:
    私たちは、当社製品に係る脆弱性について、その情報を積極的に収集するとともに、お客様や関係者に対して製品へのリスク低減対策および適切な情報提供を行います。
  • 7. 製品事故・脆弱性への対応:
    私たちは、当社製品について製品の重大な脆弱性が発覚したときには、法令や産業界のガイドラインや慣習に基づき迅速に所轄官庁・関係機関に報告を行います。
    また、不慮の製品事故・脆弱性に関し、直ちに事実確認と原因究明を行い、セキュリティ上の問題があるまたはその恐れがあることが判明したときは、製品の回収・改修その他の危害の発生・拡大の防止・回避措置を講じ、適切な情報提供の手段を用いて迅速にお客様や関係者へ対応策を告知・提供します。

株式会社JVCケンウッド
取締役 兼 常務執行役員 CTO

谷田 泰幸

情報セキュリティ基本方針について

ページトップへ戻るページトップへ戻る